貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


推理小説/秦建日子

推理小説 (河出文庫)

推理小説 (河出文庫)


ドラマ『アンフェア』の原作本でした。
でした、ってのは、読むまで知らなかったからです。(笑)
ついでに作者は女性だと勘違いしてました。
「子」がついてるから。
はたたけひこさんなんですね。<作者。
1つ目の勘違いは、本の表紙を開けてすぐ判明。
表紙の裏側の折り返しのところに、作者のプロフィールが書かれてて、名前にひらがなのふりがながついてたからです。
2つ目の勘違いは、本編に入ってすぐ、登場人物の紹介が書かれてて(その辺はシナリオライターらしさですかね、台本っぽかった。)あの『雪平夏見』の名前があったので、「え?」と思ったわけで。
ドラマ『アンフェア』はまりましたからねー。
映画のほうもすでに見ましたです。DVDでだけど。


ストーリーはドラマで最後までわかっちゃってはいましたが、それがなかなかどうして。
原作と映画やドラマは違ってたりするもんだって、先入観も手伝って、「もしかして犯人違う?」と、結構ハラハラしちゃいました。
瀬崎が犯人じゃないですか。(いきなりネタバレ。)
でも最後の最後まで、わかってるけど、だれ?と思っちゃうんですよ。
最初に原作本だってわかって「なーんだ。」と思いつつ読み進めましたけど、いい意味で期待を裏切ってもらっちゃいました。


でも雪平夏見の部屋がきったないってのは、ドラマで見てたので「ああー、あれかー。」と思いましたが、こっちで文字で読むと、更にきったないのでちょっと引きました。(笑)