読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


無痛/久坂部羊

鬼マネの映画日記


無痛 (幻冬舎文庫)

無痛 (幻冬舎文庫)


これ、久しぶりに面白かったですわー!
鬼マネの読書タイムは、津田沼までの電車の中なんですけど、都賀駅で電車が来るまでに読み始めて、稲毛過ぎて「乗り過ごした?!」とハッとするかしないかで、面白さを計るというか。(笑)
この本は、それが何度もあったくらい、かーなり面白かったです。


先天性無痛症の登場人物が出てくる小説って、前にも読んだことあったんですけど、(脳男/首藤瓜於)この小説に出てくるイバラは、前に読んだのとは少し違って、痛みがない(わからない)から、人の気持ちも理解できないって解釈なんですね。
痛みがないから死に対しての恐怖もない。
相手の痛みもわからないから、死への恐怖を感じてることもわからない。
鬼マネは痛いのは普通に痛いので、痛みがないってことを想像するしかないんだけど、読んでると「ああ、そうなっちゃうかー。」って納得できちゃいました。


同時に医療に対しての考え方みたいなものが、テーマになってるんだけど、医療系の小説って、作者それぞれの考え方であろうことが微妙に違ってて、でもどっかで言ってることは同じかも?とも感じられて、毎回うーんってなります。
永遠のテーマなんでしょうねー。
人は誰でも生まれた瞬間に死に向かってるわけで、医者とか医療そのものってのは、あるべきなんだけど、結局みんな最後は死んじゃうんだし、どこまで必要なのかってのが、こういうの読んでるとわからなくなってきますです。
お医者さんもそのことを自問自答してるんだろうなーって。


もうひとつのテーマが刑法39条。
心神喪失者の行為は、罰しない。心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。』
これをテーマにした小説も、今までにも何冊か読みましたねー。
この小説の中では結局、必要だってことになってるんだと思うけど、これも被害者のことを考えると、やりきれない気持ちになるし、鬼マネ自身も、もし被害者の家族になったとき、しょうがないとは思えないと思うので、なんとも言えないなーと思いますです。


結末はともかくとして、結構なボリュームな小説ではありましたが、先へ先へと読みたくなったので、面白かったです。
おすすめでございます。