読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


おじばあの反省文(笑)

貝塚クラブには昭和40年会会員の長老たちがわんさかいると日頃からお伝えしておりますが。(彼岸花、鬼マネ、おやつ、馬女スーパーバイザーの4人。他にもお助けマンの元部員のおだおだとも昭和40年会。)
不気味なことに、お誕生日が10月以降に偏ってたりします。
4人のうち最初にばばあになるのが彼岸花監督。
その約1週間後に、鬼マネと続いてしまいますので、彼岸花監督を「おばあ、おばあ。」といじめられるのは1週間だけとなっております。ちぇ。
ちなみにおやつはクリスマス終了後、馬女スーパーバイザーに至っては、除夜の鐘を聞きながらこの世に生をうけたという、生まれながらにして人騒がせでございます。
ということで、今年の誕生日、めっちゃくちゃびっくりしたのが、貝塚クラブのサポート陣、ワンピースKさんこと川島さんのブログのタイトルでございました。

blog.kawa4ma.asia

鬼マネと川島さんはFacebookでつながっておりますので、このブログはFacebookを定期巡回してるときに目にしたでございますよ。
Facebookの記事に自分の名前があると、こんなにびっくりするんですね。
はー、びっくりした。(ぢぶん、何やらかした?とまぢで思った。)

まあ、こんなに誉めて頂ける事は滅多にないことですので、自慢させて頂きたいと思います。
あ、いや、誉めると言えば、先日の秋季大会も、馬女スーパーバイザーが応援に来てくれて、試合終わった後、いつも通り鬼マネだけめっちゃ怒られると覚悟して行ったら、誉めてもらっちゃって、まぢでヤリか鞭が降ってくるんぢゃないかと怖かったです。
日頃から鬼マネはこう見えても怒られたりけなされたりすることのほうが俄然多く、誉めてくれる人は周りにほっとんどいません。
ぢぶんでは『誉めて伸びる子』と思ってるので、彼らにそう訴えたりもするのですが、全員が口を揃えて言いますです。

「誉めたら調子に乗る。」「誉めても伸びない方の人間。」「誉められても嬉しくないはず。」

うん、確かにそのとおりっ!
って、皆さん、鬼マネのことを良く見抜いてるってことですな。
(って、こういうこと言うと、小鬼にもみっちーにも「かかは実は扱いやすいんだよ。」と言われまして、むーっとします。)

ってね、川島さんのブログの中に、

するとネットで貝塚クラブを含めいくつかのチームの
ホームページが見つかるのですが

貝塚さんが一番しっかり更新されている印象でした。
またブログから並木さんの人柄や
チームの雰囲気、試合への温度感などが伝わってきて
「このチームなら大丈夫」と安心してご連絡。

 

もしHPや鬼マネの日記(ブログ)がなかったら
このタイミングで出逢ってなかったかもと思うと
ブログが繋いでくれたご縁に感謝してます。

と、ありまして、ちょっと反省というか、うーむと思っちゃったんですね。
当時忙しくなかったわけじゃなくて、まあとにかく書くことが好きだったんですね。
で、当時どういうスタンスで書いてたかと言うと、発信する気はゼロ。
完璧な内輪ウケねらいな書き方してたんですね。
小鬼たちに良く言われてたんですよ。「パソコンに向かって笑ってて気持ち悪い。」って。
書きながら可笑しくて笑ってたからですね、これ。
だから今でもちょっと前のブログ読むと自分で笑うし、読んだ彼岸花監督たちに、「ちょー笑ったしー!」とか言われてたんですよ。
それがSNSがここまで普及してきて、ブログなんかも貝塚クラブや鬼マネの日常を良く知らない人にも見られるってことを意識しちゃってたんだなーって。
ここ何年か、書くことがつまらなくなってたんですね。
書き方自体も知らないうちに変わってきてて、書いてる時の視点を内輪から不特定多数にしちゃってるから、説明や解説的な文章が多くなって、だからつまらなくて進まないし。

今年になって、こういうこと感じ始めてて、でも書くことと面白いことやりたいというのを解消したくて、時間があるときにプライベートサイトを作ったりしております。
で、このブログは鬼マネの原点でもあるし、ここらで初心にかえって、またぶっ飛ぼうかと。(笑)

ってことで、読みやしない貝塚部員は覚えとけ。
また部員たちの暴露ネタと彼岸花いじりを復活させることにしたからな。
それと反省の意味もこめて、サイトの方もちゃんと更新します。らりほー!