貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


がんばれ、大山

バレーがある日は鬼マネ家の夕食の時間も早めになります。(笑)
今日はナイジェリア戦でした。


夕方のニュースの時に、今日は大山が先発するかも?みたいな事を言ってたのに、始まったらいつも通りのメンバーだったので、フクザツな心境でした。
鬼マネは大山のファンではありませんが、今回スランプに陥っているのを散々見てて、がっかりするような、応援するような、なんとも言えない気持ちでございました。
鬼マネのバレー人生に輝かしい瞬間はひとつもなくて、どちらかというと挫折と後悔の繰り返しばかりで、それで今があるって感じなので、大山のようにエリート街道まっしぐらだった選手の気持ちは、いまひとつ理解できません。
悔しさをバネにするのは、栗原の方が上だったのかもしれないですね〜。(春高で栗原の三田尻女子は、大山のセイトク高校に負けてましたからね。)
挫折を知らないエースの落とし穴と言うのは、馬女キャプテンは少し理解できるみたいでした。


バレーってほんとに気持ちひとつで全然違っちゃうので、恐いです。
ただ鬼マネは、バレーをやってた(やってる)と言う人は、それだけで気が強い人だと思ったりします。(笑)
特にアタッカーだったと言う人、ましてやエースだったと聞いたら、ケンカはしません。(うそうそ)
鬼マネも、弱気になったときにどうなるかっつーのは、イヤと言うほど経験してるので、コートに入ってる時は、自分が一番上手いと言い聞かせてやってたりします。(うほほ)


だからというわけじゃないですけど、今日途中で大山が出てきたときは、なんだか感動しましたね〜。
親心とか、母心に近かった気がします。
思わず鳥肌立ったし、感動のあまり泣けて泣けてしょうがなかったです。
(別に年取って涙もろくなったワケじゃあありません。)
気の強さがモロに顔に出てるセッター竹下が、練習の時にくじけてる大山に向かって、かなりきついコト言ってたのを見てたので、大山が入ってすぐにトスを上げた時は、またまた感動しちゃいました。
気持ちが入ってるのがわかりましたからね〜。
まああの瞬間は、竹下だけじゃなくて、選手も監督も、会場のギャラリーも、そしてテレビ見てた人もみんな祈ってたでしょうし。
(解説してた中田と大林も、この時は素に戻ってたのがおかしかったけど。)
でもどんなに周りが応援してても、この弱気との戦いは自分との戦いですからね、苦しかったと思うし、まだ抜けてはいないと思いますね。
これからが正念場ってヤツでしょう。
がんばれ、大山。


ってさ、今度弱気になってプレーしたら、選手との信頼関係はゼロになるんだと思う。
あれだけみんなオリンピックに行こうと、すげー気合入れてるのに、ヘロヘロしてるヤツがいたら、マジでキレるでしょー。
鬼マネだったら、テレビ中継中だって構わずに怒鳴ってるし、タイムの時に監督に頼んでコートから出てってもらうと思うもんね。
ま、鬼マネがカッカしなくたって、その前にもう後がないおばば吉原が撃沈してくれるだろうけど。(笑)