読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


市民大会 3位・・・。

今日は市民大会でした。
千葉公園体育館の周りでは、お花見客がわんさか。
酔っぱらったお花見客が体育館内に入り込むってことで、入口のシャッターが下ろされてたので、中で何やってるのかわからず、不思議な光景でございました。

f:id:onimane:20140412234407j:plain←ボール争奪じゃんけん中のHIRO。もちろん初戦敗退。(爆)

今回も貝塚クラブは9人ぎり
ぎりついでに、今回も出られるか出られないかがぎりまでわからず。
毎回の綱渡りも、そろそろやめてみたい鬼マネでございます。

 f:id:onimane:20140412234540j:plain

今日の初戦は千葉東。
実はこの間の水曜日、みつわ台クラブと練習試合してたのですが、その時はも~どん底状態だったんですね。
なので、朝から話題はそのことでもちきり。
鬼マネなんか、バレー嫌いになりそうでしたからねえ。
ってか、そこまでどん底ってどんなだよ?って気もしますけど。
で、どん底状態に陥った原因は、彼岸花が良かったからってことになったんですね。
というのも、彼岸花以外の部員は、調子悪いって時もあるけれど、彼岸花は普通の状態が常に調子悪いので、ちょっとでもいいとそれだけで誉められるわけですよ。
彼岸花はいいよなあ。1本でも良ければ誉められるじゃん?私ら調子悪ければ怒られちゃうけど、彼岸花は調子悪くてもそれが普通だから怒られないじゃん?
私ら1本ミスしても怒られるし、できて当たり前だから1本で誉められるなんてことねーしなあ・・・。」
鬼マネの発言に、部員たちは激しく納得。
「でさあ、みんなが調子悪い時に、ひとりで快調だったりして、それが更に負の連鎖を呼ぶんだよねー。彼岸花が上げてるのに、私も頑張らなきゃって思っちゃうもんねえ?変なプレッシャーかかるんだよね~。」
これにもまたみんなが納得。
「だからさあ、今日は普通でいいよ。」
ちなみにこの普通というのは、ミスだらけでいいということ。
それもどうかと思いますけど。

んで、更に。
「アウェイに弱いんだよ。練習試合はずーっとうちに来てもらってたじゃん?うち、外出ないから今までわかんなかったんだよ。」
これにもみんなで激しく納得。
練習試合で他のチームに行くより、大会会場でやる方がはるかに多いんですからねー、うち。
「あ~、だから試合は大丈夫なんですね~。」
弱点ばかり見つけてるのもどうかと思いますけど。

ということがあったので、初戦はみんなやたら気合い入っておりました。
ぶっちぎりで勝ったのは、んなことがあったからでございます。
そしてもうひとつは、彼岸花が普通にミスばっかしたからです。(爆)

まあ冗談はさておき。
貝塚クラブが強い時ってのは、やたらとお互いに誉めあってる時でございます。
でもあんまりやたらと誉めるのはいいけど、ちびっここばこばなんか、鬼マネがサーブを50センチくらいアウトにしてても、
「おしい、おしい!」
とか言うので、「おしくねーだろ、大アウトぢゃねーか!」と怒られたりしてました。(笑)

2回戦目の誉田グリーンズ戦は、フルセットやったんですけど、やっぱり強かったです。
まあ、少しはビックリさせられたんじゃない?と思いますけど、常勝チームは苦しくなっても更に奥の手持ってたりしますから、実際はビックリもさせられてなかったのかもです。
試合終わってから見てた人に揃って言われちゃいましたけど、2セット目に馬女監督が登場してたんですね。
「そしたら途端に変わったよねー。」
団結力だとかいい方に言ってもらってましたけど、実際は違いますね。
負けた後の質問攻めが怖いから気合い入るんですね。ぶはは。

まあでも、3セット目の誉田グリーンズは怖かったです。
善戦したでしょ?と思ってましたけど、馬女監督だけは違うこと言ってました。
「勝てたよ。」
あんなへべれけな我々のどこを見てそういうのか、良く分かりませんけど。ぶぶぶ。

f:id:onimane:20140412234606j:plain←一コ勝って3位でした。

f:id:onimane:20140412234507j:plain

Aコートは優勝どこだったんでしょうか。
Bコートは誉田グリーンズでございました。

さて、次は全国大会の予選。
頑張りますよ~!!