貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


貝塚クラブ サッカー観戦の巻


フクダ電子アリーナ、略して『フクアリ』


行ってきましたよー、ジャンボの京都サンガとジェフ戦!
冬季大会終わって、体育館を出発したのが4時。
6時にはフクアリに着いてくれという、馬女キャプテンの指令だったので、大忙しなんてもんぢゃない。
この日車出してたおやつが高速道路を運転できないっていうので、「それじゃ間に合わん!」ってなって、鬼マネが代わって運転して帰りましたです。
(鬼マネ、免許とりたての頃から、どの車でも運転できる人。これ、特技って言っていいらしい。)
5時過ぎには千葉に着いたものの、汗くさなのにシャワー浴びる時間はなく、とにかく着替えて飛び出しましたです。
おかげさんで6時ちょっと前には、フクアリ前には着けてたんですけどね。


駐車場が遠いなんてもんぢゃない。(1000円のフクアリの駐車場です。)
入り口で案内してくれたお兄さんが「テニスコートの裏です。」って言うんだけど、そのテニスコートがまず遠くに見える。
で、走っても走ってもそれらしいとこがない。
「おい!どこまで行けってんだ、これー!!」
と、急いでる鬼マネはすでにキレかかってる。(笑)
ところどころに立ってる兄さんに、いちいち噛み付きながら、やっと止められた駐車場とやらは、フクアリのまばゆい明かりがはるか遠くに見えるところっすよ。
「1000円も払わせてこんな遠くかよ!」
と、まだ怒ってる鬼マネ。
お兄さんは聞こえないふりしてました。


んで、歩いてる途中で馬女キャプテンから電話。
「どこー?もう出てきちゃったよー!」
それで試合で疲れてるのに、ランニングスタート。
人がわさわさ居るほうに走っていったら、南ゲートじゃない。
ここでまたお兄さんに聞いたら、
「アウェイ席はあちらの入り口からになります。」
と。
案内板見たら、今走ってきたほうの先に南ゲートがあるぢゃないっすか。
中からは選手たちが出てきてるであろうに、ものすごい歓声が。
それでまたキレた鬼マネ、
「こっから入っちゃだめなわけ?」
「いや、すみません、アウェイ席にはここからは行けないんです。」
「はー??」
サッカー初めての鬼マネたちには、言ってる意味が良くわかりません。
野球ならどこから入っても行けるじゃんか!


んで、ぶりぶり言いながら、今来た方へまた走りました。
で、やっと南ゲート発見。
入り口の人に、また噛み付く鬼マネ。
「暗くてこっちに入り口があるなんてわかんないじゃん、ちゃんとわかるように案内出しときなよ。」
まあもちろんスルーされましたけど。
でもおさまらないので、
「アウェイだからって、こんなことすっからサポーター同士でケンカするんだよ、苦情の手紙書いてやる!」
と、おばちゃん発言。
と、やっとこさで入ったら、馬女キャプテンが衝撃の発言。


「遅いよー!守田ーレ歌っちゃったよ、もう。」

なんですと?
なんですとー??
鬼マネは、それだけが楽しみだったんだぞーっ!!


でもまあ気を取り直して。
初めてのサッカーの試合を堪能。
1時間前に選手たちが練習で出てくるんですね。
ジャンボはこの日控えだったので、このときに守田ーレを歌っちゃうらしいです。
アウェイってことで、サンガのサポーターはほんとにちょっとだけ。
逆にジェフはホームなので、反対側はまっ黄色でした。


←京都のサポーター。京都からバスとかで駆けつけて来るんだそうです。


←オープニングセレモニー中。ジェフ側は黄色、黄色。


馬女キャプテンが、ジャンボのユニフォームを持って来てくれたので、長老組4人で着てみました。
ジャンボはキーパーなので、ユニフォームは他の選手たちと色が違うので、ひと目見れば「キーパーのサポーター」だってわかるんだそうです。
そんなこともわかってない鬼マネたちでございます。
んで、ジャンボが近づくたびに大騒ぎ。
でも、馬女キャプテンは、一番大騒ぎするのは鬼マネだろうと思ってたでしょうけど、実際はこっち。


←彼岸花とおやつ


もう、かぶりついて上から「ジャンボー!たつー!」と絶叫。
鬼マネは守田ーレが歌いたかっただけで、こんな恥ずかしく騒ぎませんよ。ぶぶぶ。
でもサッカーの応援って楽しいですねー。
ずーっと歌ってる。
サポーターはずーっと立ったまま応援してるんですよー。すごいな〜。


この日、馬女キャプテンのパパもフクアリに来てたのですが、貝塚クラブの近くの席には近寄らず。


←白い服がジャンボパパ


まあ、サッカー見るには鬼マネたちが取ったコーナー席じゃなくて、真横の席のほうがいいからなんですけどね。
そばだと大騒ぎして迷惑だからなのかと思いましたが、実際に行ってみて納得。
自由席ってのはゴールの後ろなので、サッカーを見るには不向きな席だったんですね。
ちなみに馬女キャプテンたちは、ホームで見るときは、ファミリー席ってので見るそうです。


試合は前半で京都が入れたので、盛り上がりましたです。
最後まで守りきり、京都が勝ちました。
野球のときは小鬼に解説してもらいながらでしたが、今回は馬女キャプテンに解説してもらいながら。
おかげでサッカーを良くわかってない鬼マネでも、なかなか内容の濃いサッカー観戦となりました。


でも、全くサッカーなんてどうでも良さそうだったのがこのふたり。


←とにかく騒いでる。


ジャンボだけに大騒ぎして、それ以外の時間はなんか食ってたり、トイレ行ったり、ふたりでしゃべってましたから。
ちなみに1点入ったときも、そば買いに行ってて見れてません。
毒舌なHIROに、
「またどっか行っててくださいよ。」
とか、言われちゃってました。(爆)


←HIROと柳


いや、でもすごいです。
ジャンボもママさんバレーっ子たちならみんなそうであるように、母ちゃんの練習にくっついて体育館に来たりしてたし、小、中と土日はサッカー漬けだったし、高校生になってからもひたすら部活、部活な毎日送ってたわけですよ。
ママさんバレーっ子の多くが、何かしらかのスポーツやってるけど、プロにまでなってる子はそう居ないんですから。
今は京都で、アウェイになっちゃうけど、ジャンボにとっては千葉はホームですからね。
鬼「晴れ舞台だよねー。」
馬「晴れ舞台になるのかー。」
鬼「そうだよ!」
控えだろうがなんだろうが。
そこまで行けたってことが、ほんとにすごいことですよ。
鬼「体育館走ってたの、ついこの間だったのにねえ。」
馬「それはないっしょー。」
鬼「でも部活行きながら電車でぶっ飛ばされたとかやってたの、ついこの間じゃん。」(←ジャンボは部活に向かう電車の中で寝てたら、酔っ払いだかに絡まれて、寝てるだけなのに殴られたことあり。)
馬「そうだね〜。」
鬼「プロなんか無理無理って言ってたのも、ついこの間だぞ。」
馬「ははは。」
ジャンボがオリンピックやワールドカップで活躍して、都賀の駅前をパレードするのが鬼マネの夢でございます。(爆)


←静かに見守る母、馬女キャプテン(笑)


この日、サッカーやってるいのっちんちやちびっここばこばんちの息子も一緒に観戦してましたが、母たちが横であれこれ話しかけるのをウザがってたそうです。(笑)
彼らにとっては憧れの舞台ですからね、集中してみてるのに、母ちゃんうるせーってことでしょうな。(笑)


←ジャンボ、かっけー♪


ところで試合ですけど。
鬼マネは、後半入ったダンちゃんのファンになりました。
まぢ笑えました。(なぜかは言わない。)



翌日、ジャンボから馬女キャプテンに応援のお礼の連絡があったそうですが、ジャンボは他の選手たちに「ジャンボのユニフォーム着て騒いでた人たちは何者?」と聞かれたそうです。
「おかんのバレーボールチームのおばさんたちです。」と教えたら、


「すごいな、大阪のおばさんに匹敵するな〜。」


と、驚いてくれたそうです。(爆)
いよいよ貝塚クラブも関西のパワーに匹敵したか、さすがだ。


←ってことで、記念撮影。


次は絶対京都に行こうぜ!と盛り上がった貝塚クラブでした。(いや、長老組だけか。)


ってことで、『そうだ、京都行こう。』と谷村ってみる。で、ポチっとな→人気ブログランキングへ