貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


秋なのに冬季大会 2017年版

今年はちゃんとアップするって言ってなかったか?の声が聞こえる。
いや、空耳だ。
そういうことにしよう。

ってな、冗談はさておき。
Facebookにも載せましたが、つばきジュニアのしょこたんのパパが、試合の時やイベントの時に、撮ってくれる写真に、鬼マネの遺影に使える一枚があったのでご紹介。
となりはキャプテンのゆずでございましてお孫ではござらぬ。ぶぶぶ。
みっちーと亜門いわく。

ブスは白黒写真だと隠せる。

うーん、失敬なお言葉ありがとう。
ま、確かにちょー久しぶりにいい写真でお気に入り。

f:id:onimane:20170917001120j:plain

ちなみにこの写真も、しょこたんパパの作品でございます。

f:id:onimane:20170917002431j:plain

真剣にコーチしてるかのごとく撮れてますが、実際はポケモン探してるところでございます。ラリホ~♪

やっぱ一眼レフで撮った写真はいいっすな。
ま、それ以上に腕がいいってことです。
だって、ブスでばばあがかなり良く撮れてるんだから。

では普通に撮るとどうなるかを比較してみましょう。

f:id:onimane:20170917002835j:plain

ま、こんなもんでしょ。
先日の冬季大会の時の写真でございます。
久しぶりに全員そろってたので、じゃあってことで撮ってみました。
記念写真撮ってるくらいだから、勝ったんだろと思いきや。

f:id:onimane:20170917001346j:plain

見ないで、探さないで。
1回戦敗退だよっ!

対戦相手は古豪の松葉。
フルセットだったんですけど、最後の2点が取れず。
21-17
7-21
19-21
で負けちゃいました。
1セット目取れた雰囲気のまま突っ走ればいけそうだったんですけど、2セット目でまさかの失速。
なーんでここまで失速するか?ってくらいのスピードダウン。
ま、それが貝塚クラブなんすけどな。

夏を制する者は秋に勝つ。
ってのは、馬女スーパーバイザーの名言でございますが、今年はデコボコな展開になっております。
市民大会でボロカスになって、全国大会は県ベスト16、なのにコカ・コーラカップでまーたボロカス。
夏の間に強化しようと思ってたのに、ちょっと休憩し過ぎて、練習を見に来てくれたワンピースKさんにも馬女スーパーバイザーにも同じことを言われてしまっておりました。

「目的がない練習してる。」

休憩のつもりが、だらけてたってことにやーっと気付いたのですが、時すでに遅し。
練習試合も全くしてなかったので、ギリギリでお願いしてDREAMとやりまして、大会にのぞみました。

内容は悪くはなかったと思うんですけどね。
相手に楽させるのではなく、相手が嫌がること、自分たちがやられたら嫌なこと、っていうのは意識できてたと思うんですね。
ただそれが落ち着いてやれてたわけではなくて、ゲームの途中途中で思い出してやってた感じ。
だから詰まってくると、コートの前の方でわちゃわちゃやるという、今まで通りのループにはまってたりしてた。
鬼マネも何度か「奥に返せー!」って怒鳴ってたくらいだったので、これがなくなればもう少し楽だったかな?と。
2セット目、ボロボロになってた時に、ヒロをレフトに変えるというパターンもやってはみたんですけど、結局1点も返せず元に戻して終わり。
これも、練習不足の一言につきました。
まだみんなの中に、「フォーメーションを変える時は苦肉の策をやってる時。」の感覚があって、一気に負けモードになるんですね。
そうじゃなくて、自分たちの持ってる一手のひとつの感覚にできるようにしておかないとと思います。
でも、サーブで崩すというのは結構やれてて、それは進化してるなあと。
今回サーブポイントはそこそこ取ってたので、これがなかったら結果はもっと悪かっただろうと思いました。

良かったのは。
これはみんなにもLINEで伝えたんだけど、最後の2点が最大のラリーだったんですね。
3セット目は5点くらいリードしてたんですよ。
それを追いつかれての19-19からの2点だったので、今までなら自分たちのミスを繰り返して最後は「あーあ。」で終わってたでしょうけど、今回はそれがなかった。
鬼マネを含むレシーバー達の好レシーブが続いてのラリーだったんですね。
まあ、いつもながら、ルンバな柳のファインプレーは勿論だったんですけど、アタッカーも打ってなかったわけじゃなくて、結構な勢いでアタックしてたんだけど、ダメだった。
まあ、最後の最後で取れなかったのは、うちの力不足だったってことなので、しょうがない。
でもうちのことだけ見たら、今までできなかったことはやれたって、そう思ったんですね。
レシーブも今までの貝塚ならミラクルなレシーブで、それってイコールたまたま上がったって言い変えられると思うのですが、今回は入るべきところに入ってて、それで上げてた。
まあ、見た目はひっくり返ってたり、自分でもびっくりしたって感じはありますけど、たまたまそこに居て、そこにボールがきたってことではなくて、「ここだ!」ってとこに入ったらほんとにきたってそんな感じ。
個の力に頼ってたバレーから、システマチックになってきてるんじゃないか?って感覚はありました。

ってことで。
次の秋季大会では写真に写ってる見慣れないひとりのデビュー戦になりますので、楽しみにしてて下さい。(笑)
あ、それと鬼マネの変な名付けも。
おやつに次ぐいい名前を考案中でございます。うひょー!!