読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


FIVB ワールドグランプリ


いつの間に柳元ジャパンから真鍋ジャパンになってたの?と思っておりましたが。
いいじゃないっすかー、全日本女子チーム。
火の鳥ニッポンですかー。


1.1秒で打つ、を目標に大改革したんだそうです。
確かに早い。
若い選手はともかく、栗原も早くなってるし。
なんだろう、早くなったけど、エースに頼る不安定な形から、全員がどっからでも、しかも早い攻撃するって感じで、安定してるし見てて危なっかしくてお尻に力が入っちゃうハラハラ感がなくなっちゃいました。
最強世代とやらだそうです。
栗原がもうフレッシュじゃなくなっちゃいましたもんねー。


目つきの悪い坂下がいいじゃないですか。
スゲー早い。
で、サーブがいい。
かおる姫もそうでしたが、ワイルドカードですねー。
ノーマークな選手が、きっちり活躍するってのは大事です。
今日は狩野が初めて出てるけど、さっきからやたら早いバックアタック決めてます。


でもねー、竹下がやっぱりいい仕事してますよ。
坂下が活躍してた昨日までもそうだし、今日の狩野へのトスもそうだけど、新しく出てきた選手が、一番得意な攻撃のための一番いいトスを上げてるそうです。
どっからでも上げるとか、いいトスあげるなんてことは、竹下にとっては当たり前のことなんだろうなーと思います。
そんなこと考えてレシーブできたことなんてないもんねー。
自分のことで精一杯だし、貝塚なんて試合のたびに、慣れないポジションに入らなきゃいけない人が必ず居たりしてるけど、トス上げやすいレシーブとか、アタックしやすい二段トスとか、打ちやすいようにカバーに入るとか、そんなこと考えてあげられたことないですよ。
いつも終わってから、「ああ、そうだよなー。」と反省してるのに、試合になるといっぱいいっぱい。
味方を思ってバレーするなんて、かっこいいよなー!!


ロシアの選手はちょっと変わったみたいですね。
笑いもしない能面スタイルがちょっと違ってる。
しかもキャーキャーうるさい。
レシーバーなのか、ブロック抜かれたアタッカーなのか、悲鳴あげまくってます。
ロシアも時代の流れですかねえ。(笑)
それにしてもガモアでけー。


荒木がジャストミートさせてブロックしてますけど、痛くないのかなあ?
テレビで見ると簡単にとめてるようですけど、真上から打ってくるアタッカーで、世界レベルの選手の破壊力って、ハンパないはずっす。
へたすると、指の骨折れますからねえ。
鍛え方もハンパないんだろうなー。
鬼マネなんか、いのっちのアタックをブロックすると、吹っ飛ばされるし、当たったら当たったで、しばらくジンジンしてますよ?
馬女キャプテンのアタックなんて、止められたことないしね。
あ、貝塚の部員は、馬女キャプテンのすごさってのは、ほとんど知らないんですよ、これが。ぶぶぶ。
対戦したチームのレシーバーは、「ほんとにやなところに打ってくるし、取りにくい。」って良く言いますが、部員は試合で対戦することはないですからね。
練習の時に強打は取りますけど、練習用に狙って打ってくるから、やなとこに打たれて拾いにくいってことは、感じないで済んでます。(笑)
でもブロックにつくと、鬼マネでもなんとなく感じますけど、先に飛べばかすりもさせないとこに打つし、触ろうと思ってもコースが読めないです。
トスが乱れたか何かで、そこしか打つコースがなかったりして、なまじ止めちゃったりすると、次が怖いのでやっぱり止められません。(笑)


おー、すげー。
狩野が決めて2セット目取っちゃった。
ガンバレ、ニッポンじゃー!