読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


あるスキャンダルの覚え書き


あるスキャンダルの覚え書き [DVD]

あるスキャンダルの覚え書き [DVD]


オールド・ミスで教師でっていうのが、リアルだなーと思ってしまいました。
実話に基づいた映画らしいので、よりリアルなのかもしれないけど。
生徒といけない関係になっちゃった先生役に、ケイト・ブランシェット
でもそうなってしまった気持ちとか、彼女の生活の描き方に、映画にありがちなきれい事や現実とかけ離れた設定がないので、理解できなくても自分にもありえる感が出て、ちょっと怖かったです。


ケイト・ブランシェットにへばりつくおばあちゃん先生役のジュディ・デンチがねー、これまたうまい!
この映画でアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされたってのもうなずけます。
人との関わり方って、人間形成のどの辺で作られるものなのか、自分で「これはまずい。」とブレーキかけられないと、いつの間にかこうなってしまうんだろうなーと思うし、子供のころって仲良くなった友達への独占欲って、確かにあったよなーと思います。
いつの間にか距離の取り方みたいなのを身につけているけれど、自分の中にもありそうな気がしてしまいました。
いや、あると自覚があるから、怖いなと思ったんだろうな。
でもここまでなってしまう前に止められるもんですけどね、実話だって言うんだから、できない人もいるってことですよねえ。
うー、恐い。