貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


 参観日デー


今日は小鬼の小学校の参観日でございました。
土曜日の参観日ってことで、お父さんがいっぱいでした。
2年生の小鬼は、今かけ算の九九をやっておりまして、毎日「ににんがし、にしがはち。」とやかましいです。
みっちーは鬼マネが教えるヒマもなくすんなり覚えてくれたように記憶しておりますが、小鬼はやや苦戦中。
現在6の段を必死に暗記中だそうです。
ろくいちがろく、ろっくごじゅうし。


んで、なんだか今日はもうひとつ参観日だと指令をうけました。
またもや鬼父でございます。
いつから始めたのか、いつの間にか鬼父と小鬼は、土曜日の夕方、都賀駅の横の空手塾で空手体操とかなんとかいうのを習っているのであります。
少し前からこの体操教室の話しは聞いてたのですが、何せ鬼マネは土曜日にお休みを取れることがほとんどなかったので、見に行くことはできず、鬼父と小鬼から、ワケのわからない説明だけ微妙に聞かされておりました。


・空手を習ってるのではなく、体操である。


・メンバーはおじさん夫婦と鬼父と小鬼の4人だけ(たまに鬼母も参加するけど。)らしい。


・先生は空手の師範である。


・小鬼に来年から空手をやらせたらどうか?と師範に言われた。


・しかし、習っているのは空手ではなく、体操であり、しかもシニア向けである。


とまあこんな感じで、ちっともわからんちん。
っつーことで、1度見に来いと言われたのであります。
お誘いではなく、指令、命令でございます。


場所はほんとに都賀駅の真横の何に使ってるんだかわからないビルの3階でして、行ってみたら「ああ、ここかー。」という感じ。
確かに空手の道場で、入り口のクラスの説明を見て納得。
謎が解明されました。
鬼父たちはシニア向けというわけでもない、空手道場が別メニューとして、空手を少しだけ取り入れた一般向けの体操教室に通ってたってことみたいです。
それに小鬼が邪魔してるというか、ひとりで待ってるのもなんだからってことで、やらせてもらってたってだけの話し。
でもしっかり小鬼は名前で呼ばれてて、誰よりもいばって参加しておりました。バカタレ。


まーしかしおじさん夫婦はともかく、鬼父の運動神経のないこと、無いこと。
遺伝ですね、やっぱり。
鬼マネもバレー以外のスポーツは全然自信ないですし、多分何もできないと思います。
もー、見てるだけで大笑いできちゃって、涙流して笑わせてもらいました。


 ←バランスなんだけど、へなちょこになってる鬼父。


が、しかし。
布でできたヌンチャクのようなものを持って、じゃんけんで勝ったほうがぶったたき、負けたほうがガードするという体操がスタートしたら、これがスゲー。
鬼父、本領を発揮して、勝ったと思ったらものすごい速さで小鬼をバシ。
ガードもまあまあ早く、「鬼父、ぢつは反射神経はいいな?」と思わせたほど。
単に大人げないだけなんでしょうけど、何度やってもぶったたくのは速い。
バシ、バシ、と声も出さずに小鬼を容赦なくぶったたいており、鬼マネもかつてはあの速さでやられてたな〜と、変なことを思い出してしまいました。


まー、一日参観日デーでしたが、いいもの見させていただきました。ちゃんちゃん。