読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


武道家な小鬼

小鬼語録


この寒いのに、灯油が底を尽きてきております。
ヤバイバー。


30日、小鬼は大会というものに初参加いたしました。
小鬼は空手家で武道家でございます。
現在緑帯。
習い始めたころは、お願いすると型とかいうのをやって見せてくれておりましたが、最近は「無理!」のひとことで一蹴されてしまいます。
で、大会に出るってことになったのですが、月末の日曜日ってことで、鬼マネは仕事は休めず。
みっちーのときと違って、小鬼のイベントにはほとんど参加できなかったりしております。
引率できないってことで、参加を辞退すると道場の師範に言いましたら、


「子供は親がいなくても育ちます。大丈夫。」


と、ガッツリ。
い、いや、そういう意味ではなく、連れて行けないので・・・。


「私が連れて行くから大丈夫。」


と、またガッツリ。
はい、ではお願いいたします。
ってことで、参加決定。
小鬼は、親が来れないからって理由で参加できないのを、密かに喜んでたらしく。
「やっぱ出るのかー。」
いつでもどこでもやる気のない小鬼でございます。


大会前は強化練習を一応してたらしく、道場に迎えに行きながら、見たりしてたのですが、チビスケのくせに、いったんキレると「打つべし、打つべし!」と引かずにただ打つ小鬼くん。
キレると怖いのは、鬼マネゆずりなんだそうです。<子供たち談。


型のほうはポイント制だったそうで、一回戦は突破したけど、ベスト8にはなれなかったとのこと。
組み手のほうは、同じ学年でも茶帯の選手と当たってしまい、負けちまったそうです。
でも初めての大会の経験のほうが貴重ってことで。


「かかたちが試合で緊張するの、わかったべー?」
「うーん、まあねー。」
認めようとしない負けず嫌いなところも鬼マネゆずりだと、隣で聞いてたみっちーがぼそっと。


それからみっちーと鬼マネであーでもない、こーでもないと脱線。
鬼「どうしたら勝ちなわけ?」
小「顔とか体とか、真ん中に入ったら一本だよ。」
み「ぢゃーちんちんでもいいわけー?ゲラゲラ。」
鬼「そりゃまずいだろー?ゲラゲラ。」
み「小鬼には効かないだろーなー、小鬼のちんちんちっちゃいしー。」
鬼「あーそうだよ!蹴られても痛くないから、そこですかさず相手に一発できるじゃん!げらげら」
止まらなくなっちゃいました。
で、黙って聞いてた小鬼、何を言うかと思ったら、


「オレのちんちん、なめんなよ。」

さすが武道家でございます。
マンションもダイワハウちゅかと思いました。