貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


 『クローズZERO』見ちゃったっす


1日って映画の日なんですねー。
連休でヒマしてたので、ネットをフラフラしてたら、京成ローザのサイト見ちゃって、「!」ですよ。
1000円ならあれ、見るかなー?ってことで、みっちー連れて小栗旬主演の『クローズ ZERO』見てきました。


ハナダン(ドラマ『花より男子』)以来、小栗旬の大ファンなみっちーですが、元は鬼マネが目をつけてたのですよ。<小栗旬
結構前から出てましたからねえ、この人。
みっちーってばゴクセンの時は、騒がなかったくせに、ハナダンの「まーきの♪」にやられちゃったらしいです。


映画はそれこそNARUTO見た時の予告編で知りまして、「こりゃー、面白そうだ!」と公開を待っておりました。
今日知ったんだけど、監督は三池崇史だったんですね。
なるほどーって感じ。(『天国から来た男たち』と『着信アリ』は見ました。)


やっぱ、いつの時代もこういうヤンキーってウケるんだなーとか思っちゃいましたけど、時代の変化はそれなりに反映されてて、ビーバップとかそれ以前がリアルタイムだった鬼マネにはちと新鮮。(笑)
「なんだ、コノヤロー。」と、ガンつけあってチュー寸前まで顔くっつけてすごみ合うお約束なパターンはもう古いみたいですねー。
中でも桐谷健太が演じた時生(ときお)みたいなキャラは、現代の象徴とも言えるんでなかな?と。
ボンボンらしいのですが、一見ヤンキーには見えないし、普通の制服で、顔つきも髪型もフツーなのですよ。
となると、やっぱ怖いなーと、ちょっと思っちゃいました。
まあ、イマドキヤクザさんもひと目でわかるのはチンピラだって言いますからね、なるほどだなーと。(笑)


ちなみに鬼マネは『パッチギ』で高岡蒼甫に注目してます。
山田孝之もやっぱりいいですねー。
好青年な役しか見たことなかったけど、かなりいい感じでした。


映画の公式サイトは結構混んでるので、見れなくても再チャレンジ!でいきませう。


クローズ ZERO


小栗旬公式ホームページ