貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


市民大会に向けてっつーの。

すっかりご無沙汰してしまいまして鬼マネでございます。
毎年3月はつばきジュニアの卒部イベントが続き、ブログの更新が途絶えてしまう季節でございます。

f:id:onimane:20180415115441j:plain

でも桜フェチな鬼マネは、桜が咲く季節になると、どうにも我慢できず、こんな感じでどっかしらに行っては「おー。」とやっておりまして。
ただ行動が夜行性な鬼マネは、満開な桜を見て回るのはどうしても夜が多く、がしかし夜桜はビジュアル的にイマイチだってことを去年あたりにやっと覚えたので、冒頭の写真のように、昼間に行動せねばとなったわけでございます。
まあ、鬼マネ自身の写真移りは見なかったことにしてちょんまげ。(目つぶっちゃってるしな。)

 

夜桜と言えば。
貝塚クラブのホームグランドである貝塚中の桜も結構なものでございます、実は。
今年は寒かったのに急にあったかくなったせいか、桜がきれいでございましたので、日ごろ風情がない昭和40年会のおばあたちも、今年はちょっと反応しておりました。

f:id:onimane:20180415115638j:plain

↑写真撮ってるおばあたち。

 

んでもって。
そんな桜ももうすでに散りまして、ママさんバレー界では今年度最初の公式戦である千葉市民大会がすでに始まっております。
3日間の日程で行われる大会ですが、貝塚クラブは最終日の21日になっておりますので、まだ終わっておりません。(アップしてないからもう負けたんだろ?と思われてるかもですが。)
7日、8日の結果は、順当なチームが勝ち残ってるんじゃね?の声が聞こえておりまして、貝塚クラブも勝ち上がれば決勝で誉田グリーンズが待ち構えておりますので、貝塚負けた、で順当なとこが優勝だって言われてしまうんでしょうな。はっはっは。

f:id:onimane:20180417153128j:plain

↑順当なチームが勝ってる2日間の対戦表と結果

じゃあ、このところの貝塚クラブはどうなのよ?と言いますと。
昨年度最後の公式戦のランク別大会で、なんだかよくわからないまま負けて、思いっきり怒られると思ってた金ちゃんやママに、「なんか面白いことやってるなー。まだのびしろはあるんだから頑張れ。」と、言われてクエスチョンマークだらけになっておりました。
なんでクエスチョンマークかって。
ワンピースKさんこと川島氏にも、ずーっと言われてたんですね。
貝塚クラブはまだまだのびしろがあるんですって。
でもそれって、優しい川島氏が負けて落ち込んでるみんなへの励ましの言葉なんじゃないかと半信半疑で聞いてたんす。実は。
でもそう言われてることを知らない金ちゃんに同じ単語を使われたわけですよ。
じゃあ、ほんとにまだ伸びることできるんじゃねーか?って、みんなが思い始めたのがランク別大会の後だったわけです。
なので『のびしろ』という言葉をまるで呪文のように言われ続けて、今年度始まって呪文を確信に変えていこうと、取り組んでおります。
じゃあ何をやればいいの?と、なってきますが。
のびしろって言葉はいい意味のはずなんだけど、貝塚クラブに使う時はそうじゃないんじゃないか?ってくらい疑心暗鬼になってる部員たちでございました。(苦笑)
こういう時に、こうすればいい、こういうことです。とわかりやすい言葉で、かつはっきり言ってもらえるといいんだけどな~と、鬼マネは考えておりました。
っていうのは、負けるには理由があって、勝つにも理由があるんだというのがわかるからでございます。
それを教えてくれたのが、昨年度1回も負けてない椿クラブの監督こと、つばきジュニアの監督でございます。
で、たっまたま。
3月21日が祭日なのに水曜日。
監督は普段は埼玉におりますので、ウィークデーに千葉にいることはないのですが、この日祭日だったのでつばきジュニアの練習があったのでございます。
「祭日だし、貝塚の練習に行きましょうかねー。」
と、半分冗談のように言うので、ぜひ!と言ってあったのでございます。
が、この日監督は東京とかまで遠征に行っていて、3月半ばというのにいきなり激寒で八王子あたりで大雪となり、高速道路は大渋滞とのこと。
「なので行けそうにありませーん。」
まあ、それも運命で、今はそういう時じゃないんだろうと思ってたのですが。
練習始まって1時間くらいで監督登場。
そこから1時間くらいでしたけど、貝塚クラブの練習を見てもらいまして、部員たちは色んなことを教えてもらったのでございました。
それ見てて、聞いてて、鬼マネは何を思ってたかって、すべてはタイミングなんだよなーと、そんなことを思ってたのでございました。
チームが変わる時、誰かだけが熱くなっててもうまくいきません。
貝塚クラブも、ただ負けてた暗黒期にこの日みたいな機会があっても、聞ける状態になれてたかって言うとそうじゃなかったんだと思うんです。
今だったから。
もちろん、たった1回常勝チームの監督に練習見てもらっただけで、貝塚クラブもつえーチームになるのか?って言ったら、そりゃあ無理です。
でも、少なくとも、今までとは変わる。
なんで負けたのかもわからないような状態にはならなくなれると思うんです。
なれるっていうのとは違うな、みんながそうなりたいと望んでた時だったから、そんな機会が訪れたって感じかな。
そういうことなんじゃないのかって、練習の後、ぼんやりですけど考えておりました。

チームが変わる要素ってひとつではなくて、色んな小さいことが重なってるんだとも思います。
貝塚クラブは、多少の入れ替えはあっても、ほっとんどが同じメンバーでずーっとやってきております。
あまりにずーっと変わらないもんだから、周りからも言われるようになってきました。
「メンバーが変わってないのに、なんだかんだ言ってもAランク」
なんでしょう、なんだかんだって。ぶぶぶ。
でも、変わってないところに、新しい風が入ると、もともとクラゲな貝塚クラブはゆら~っとゆれてみたりするのでございますよ、これが。
去年よしおの入部で、貝塚クラブはちょっとだけだったはずの風が入って、それも変わる要素のひとつだったんだろうなーと、鬼マネは感じてたりします。
よしおはレフトに入れてますが、鬼マネたちが若かった頃、こんな感じで夢中になってたよなーって。そんなことを思い出すのですよ。
もう健康維持でやってる感じでいいかな~?くらいまで考えてたんですけど、よしおに乗せられてる感じあります。(笑)
動画撮ってみたり、終わってからヒロにあーでもない、こーでもないって聞いてたりしてね、よしおは。
それに応えるようにヒロやもっちーたち若手がなんか今までより熱くなってて。
そういうのが重なって、呪文も合わさって、じゃ、いっちょやったるかー!みたいな。
まあ、このくらいにしときます、いつもここでワラワラ書いといて、試合ボロ負けしてきたから。はっはっは。

まあでも冗談抜きで、チームが変わるときって、こんな感じに小さい要素がいくつか重なって、ある時にそれがひとつの方向に一気に向くっていうかね。
鬼マネも久しぶりに、「負けるのいやだな、勝てればいいな。」から「いやいや、絶対勝ちたいんすけど!」になっております。
ちなみにこのモードで試合になると、暴言なんてもんじゃないくらいの暴言垂れ流してしまうので、気をつけようと思います。

ってことで、先週は椿クラブと練習試合しました。
反省点はてんこもりです。はい。

 f:id:onimane:20180415115130j:plain

で、荒野さんからおみやもらっちゃいました。ラリホー
5月近いので柏もち始めたとのこと。
千葉では超有名な栗山のおかみでございます。>荒野さん。
娘2人ももうママさん世代になりまして、親子でバレーやってます。
娘2号がレシーブ、娘1号がトス、そして母打つ。みたいな。
まぢやめて欲しいです。若すぎる。よよよ。