貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


我が家の年代物

f:id:onimane:20180304101214j:plain

熊になってるけどももさんです。
推定ですが2002年生まれなので、16歳です。
調べてみたら人間に換算すると80歳だそうです。
長生き過ぎです。
途中で化け猫になったんじゃないかと話しております。
なので妹のスイカは若いと勘違いしてしまうのですが、スイカも10歳なので、人間だと56歳。鬼マネよりババアです。

そして更にお年寄りなのが愛車のラパンちゃん。
先日いきなり止まって、レッカー騒ぎでしたが、修理してまだ乗っております。

f:id:onimane:20180304101323j:plain

↑止まった時のラパンちゃん。さみしげです。

ラパンも車検証見たら13年経っておりました。
おかげで税金も上がったわけで。
ただラパンちゃんは3月いっぱいでお別れすることにしました。
税金の期限満タンを最後にすることにしたからでございます。
どっちにしても7月が車検だったので、探し始めたところで、抵抗された感じでございます。
なので修理と言っても、今回は超応急処置。
残りの1か月あまりを乗れるだけにしておきました。

なんでそんなになるまで乗ってるんだ?と周りの人には笑われております。
「もうかわいそうだから逝かせてやりなよー。」
と、口の悪い社長には散々笑われております。
まあ、いつ止まるか?とヒヤヒヤしながら乗るのも心臓に悪いと言えば悪いんですけどな。
今まで修理にかけた分で新車買えてるんじゃないか?とも言われます。
確かに買える・・・。
まあ、それは気付かなかったことにしよう。

もう残りわずかになったラパンちゃんが戻ってきて運転した時、鬼マネはラパンちゃんに話しかけながら不覚にも泣いてしまいました。
我ながらキモイです。ぶぶぶ。
ちなみに、自分の持ち物に名前をつけて話しかけるのは、鬼マネ的にはフツーです。
パソコンもパソリーナとかパソジェンヌとか名前つけておりますので。
自分の意思で動いてるんじゃないか?というものには、なんだか名前をつけては家族だと勘違いする傾向ありです、鬼マネ。
で、なんで泣いたか?というと。
ラパンちゃんをここまで乗り続けたのには、理由があるからでございます。
まあ、貧乏過ぎて買えなかったというのもあるんですけど、鬼父が免許を返納する時、愛車のプリウスを譲り受けるって話しもあったのですよ。
でもしなかった。
ラパンちゃんは、鬼マネ家の色々をずーっと見てきたからなんですね。
車に『見る』って言い方からしておかしいんですけど。

そもそもラパンちゃんは、当時働いてた会社の上司がセカンドカーで乗ってた車でございました。
会社の駐車場で光り輝くラパンちゃんに一目ぼれして、その上司に拝み倒して譲ってもらったのでございます。
年数経ってないわりには距離を相当走ってたので、提示された金額では「ぼられてる」と言われたんですけど、ラパンちゃん自体に惚れてたので、聞く耳持ちませんでした。
その頃鬼マネは離婚して車なくなって、間に会わせで鬼父が買ってくれたボロボロの軽に乗ってて、後部席が狭過ぎて体育座りしないといけなかったりして、でもまあいっかと思ってたんですね。
だから譲ってもらった中古のラパンでも、すげー贅沢な車でございました。
それからというもの、その会社でパワハラにあっていきなり配属変えされて悔し泣きしたり、新しい部署の部下が鬼マネのパワハラで亡くなったと家族に罵られたりしていまだかつてないくらい凹んだ時も、ラパンちゃんに聞いてもらってたんですよ。(ご家族からはパワハラの誤解は解けておりますが、それがきっかけでその会社は辞めました。誰も守ってくれなかったんで。)
その会社の上司から譲ってもらったラパンちゃんでも、坊主憎けりゃにならないのが鬼マネのらりほ~なところらしいです。

くりさんが闘病してた時もラパンちゃんだったし、ガッツ先生が亡くなった時もラパンちゃんに乗ってる時。
悪いことの方が記憶してますが、家族の節目節目のぜーんぶのシーンにラパンちゃんが同席しておりましたです。
鬼マネの毎日のひとりごとを全部聞いてましたからねえ、ラパンちゃんは。
そういうのを「ああ、あの時も、この時も。」とひとりごと言ってたら、なんだか泣いてしまったのですよ。
でもラパンちゃんが、「もう終わらせて下さい。」って言ってるのも聞こえてくる気がしております。

そんな感じで何度も故障してきたラパンちゃんをずーっとお世話してくれたのが、彼岸花監督が紹介してくれた花和自動車工業の長谷部社長でございます。

www.hanawa-auto.jp

ラパンちゃんの最後もここでお願いするつもりでございますし、ラパンちゃんの次の車も長谷部さんにお願いするつもりでございます。
(ホームページあるの、今日初めて知ったし。検索してみれば良かった…。)

ももさんにしろ、ラパンちゃんにしろ、やたらと物持ちが良かったりしますが、小鬼いわく、それが悪魔の力のせいだそうです。やかましい。