貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


チャレンジャーな貝塚クラブ

今週は、来週木曜日のランク別大会に向けて、練習試合を2連発でやっちゃいました。
水曜日が宮崎DREAM、そして昨日は今シーズン全大会制覇してる椿クラブと。
どちらも強いチームですので、チャレンジャーな気持ちで臨めるってことで、貝塚クラブにとってはすごくいい練習試合になるってことで。

宮崎DREAM戦は、スコアは全敗。
14-21
18-21
15-21
17-15
だったです。(最後のセットは時間切れ)
新しいフォーメーションで練習し始めてから初のチャレンジでしたので、どんな感じになるのかと思いましたけど、始まってみて「およ?」って感じ。
いい感じのほうの「およ?」です。(笑)
攻撃陣はおやつといのっちが1週休んでたので、ミスが多かったのを引き算しても、レシーバー陣がつなげてたんですね。落ちなくなった、ボールが。

椿クラブとは鬼マネはやりたくなかったっすよ。
でもみんながやってみたいって言うしな。(笑)
なんでやりたくないって、そりゃー、つばきジュニアの監督と悪魔な明美ちゃんがいるからってだけなので、却下も阻止もできず。
でも結果、みんなにはいいことだらけでございました。

強いチームは後半が勝負で、逃げ切りタイプの貝塚クラブには気持ち的には分が悪い。
前半で5点以上リードしてても、後半から追い上げられてくるので、気持ち的なプレッシャーが倍増してしまうからですね。
実際、椿クラブ戦で、5~6点リードしてて19点まで取っておいて、「いけちゃうかも?」となったら、全員が一気に弱気になってましたから。(爆)
勝てるかも?となったら、「そうはいかないだろうな。」と、受け身になるのはいい加減克服しなはれって感じです。ぶぶぶ。

終わって監督に総評的に聞いてみました。
これ、うれしかったなー。
今まで練習してきたことを最高の誉め言葉もらえたことになりましたのでねー。
「何をやろうとしてるかがはっきりわかりました。」
ヒロが提案して、レシーブのフォーメーションを変えるってことから始まって、秋季大会終わってから全員で何をやろうとしてるかを明確にできるようにしてきたわけですよ。
勝つには理由があるし、負けるのにもちゃんと理由があるんだってことをみんなで理解しようってことから取り組んできてましたから。
なので、練習試合でもやる前に、今日は何をやるのかってことを全員で共有してやってきたんですね。
それには練習でも課題を挙げて、『ただやってるバレー』はしてこなかった。
課題はワンピースKさんこと川島さんに要所要所で指摘してもらってきました。
鬼マネは地味にみんなには「貝塚の強いところ」を伝えてきてたんですよ。
克服しないといけないメンタル面の強化ってのも課題としてあるから。
柳ともっちーがサーブカットをヒロに入れられれば、かなり高い確率でポイント取ってるのと、1番から4番まででサーブポイント取れるってこと。
できてるところをなんとなくでも自覚しておくってのは自信になりますから。
監督には、
「久しぶりに対戦したけど、強くなってました。」
とも言ってもらいました。
椿クラブと対戦したのは、貝塚クラブが出ると負けで結果を出せずにもがいてた暗黒期からようやく抜け出せてきた時以来。
そういえばあの時もチャレンジャー精神でどこまでやれるか?を試してみた対戦だったなーと、思い出しました。

前回の宮崎DREAM戦で、川島さんに言われてたんですね。
「一つ目のボールを大きく返しましょう。」
って。
強いチームだと攻撃も強いし早いから、自分たちのリズムを崩されてしまうってことをみんなが理解したんですよ。
どんな感じになっちゃうかって、言うなれば、自分たちのコートの中でドッジボールしてるみたいな感じ。(爆)
柳ともっちーのカットで攻撃が決まるのは、ポーンと上がったボールをヒロが丁寧にトスできるからだってことですから、それが自分たちのリズムなんだってことなんですね。
椿戦ではそこを意識しました。
もうひとつはヒロも攻撃できるってことを活用するバレー。
川島さんにはそこも活路として提案されてたのですよ。
貝塚クラブはアタッカー3枚なので、アタッカーがわんさか居るチームにはやられっぱなしになることが多くなってしまってました。
新しいフォーメーションにしたことで出てくる効果を活用して、近くの人にボールをつないでヒロにも攻撃させようってことが今の課題。
まだたまたまそうなったって感じの方が多いですけど、柳ももっちーもよしおも二段トスにできる人なので、3枚の弱点を克服していこうっていうのがこれからの取り組みになりそうです。

メンバーが変わってないのに強くなってるっていうのは誉めてもらえました。
鬼マネたちばばあ軍団にとっては、そりゃあまあうれしい言葉でございます。
実は鬼マネ、いつも彼岸花のことをコキおろしてますけど、別の意味で「およ?」ってなりましてね。
彼岸花が昨日パスの時に、
「どうしたらはじかないで上げられるのかね。」
と、聞いてきたんですよ。
サーブカットとチャンスボールがうまく上げられないことを言ってるんですけど。
理由は簡単で、とっさの強打の時はとっさなのでできてますけど、サーブやチャンスボールみたいに時間ができると、ひじ曲げて身体起こしちゃうからどこいっちゃうかわかんねーことになってるだけなんですけどね。
でもそういう発言を彼岸花がするのは、馬女キャプテンの追っかけ状態でうまくなりたいと思ってた時以来なので、うれしかったんです、実は。
チームってそんな誰かの気持ちで、いくらでも強くなっていけし、バレーって自分じゃない誰かの気持ちで、いくらでも前に向かっていけるって思うんです。
だからね。
昨日は楽しかったです。ほんとに。
みんながチャレンジャーになれてて、勝ちたいって気持ちは横に置いて、できることをやろうとしてるのがすごく伝わったから。
ま、これが貝塚クラブのバレーなんですよ、実はね。(笑)