貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


1年の計は元旦にありってことで

毎年初日の出を原陸橋で拝んでた小鬼は、今年は高校の時の友達と違うところで見ると言って出かけてしまいましたので、年越しはひとりでおります、鬼マネです。
小鬼さん、この極寒の中、大洗まで行くと言っておりましたが、凍死してるんぢゃないでしょうか。

鬼マネは昼間の仕事の方のアース技研は26日で終わりでしたが、夜のお仕事の方は29日までありましたし、年中無休で営業してるってことで、年明けは元旦から仕事でございます。
ま、でも例年になくゆっくりとできた年末でしたので、年賀状もしっかりできたし、お年賀の買い物にも行けたし、あと何しよう?みたいになっておりました。
ちなみに小鬼は28日まで仕事だったのですが、その日に帰って来ましたし、年明けも8日まで休みなのでずーっと居るそうです。(汗)

平成30年になるって瞬間、鬼マネは何してたかというと。

f:id:onimane:20180101011110j:plain

パソコンに向かって作業中でした。
なんか今年を物語ってる気がしておっかないです。
紅白の安室ちゃん出たところまではテレビ見てたんだけどなー。
気が付いたら年越しちゃってました。よよよ。
まあ、カウントダウンする年でもないんで、まあいっか。

2017年はどんな年だったかなー?と振り返るのもしてなかったのですが、ワンピースKさんこと川島氏のブログで貝塚クラブのこと書いてもらってるの見て、それで「ああ、そうだったっけ。」と思い出してた鬼マネでございます。

blog.kawa4ma.asia

まあ、良くも悪くもない1年でした。
それって若い頃なら「ちっ!」と思うんでしょうけど、年とってくると「オッケーじゃん?」と思えるからおかしなもんです。
現状維持できてることが喜ばしい。
もう飛び上がるほどいいことって、鬼マネ世代だとそうそうないと思うんですよ。
それより大きな病気することもなく、動けなくなるほどの怪我することもなく、家族もみんな元気にしてて。
それで1年過ごせたってことで「ああ、良かった。」ってなってる。

良く昭和40年会のやつらとも言うんですけど、「身体中痛いけど、やめたらもう動けなくなるから、やめられないよね。」って。バレーのこと。
30代、40代って過ごしてきて、だんだんバレーに対しての熱さは減ってはきてるんでしょうけど、できるんだからやろうってそう思うわけですよ。
それはバレーだけじゃなくて、多分全部のことに対してそう考えてる。
仕事もしかり。人間関係とかもそう。親の面倒みるのとかも同じです。
楽しいことはもちろんやるんだけど、めんどくさいことも「できるんだからやろう。」って。
そのすぐ横にはいつも「いつできなくなるかわかんねーし。」ってのがついてきてる感じです。
そういう考え方はね、若い頃は絶対してなかったと思うんです。

鬼マネは基本ネガティブなので、すぐ「無理!」って思うんですね。
言葉に出して言っちゃうし。
「無理!」って言う前に考えてる自分がいるんです。
ほんとに無理?って。
年とってくると、周りに居る人も差が激しくなってるんですね。
「やってきた人」と「やってこなかった人」の差。
やってきた人っていうのは、日常的に「無理!」を言わない。
文句も言わないし、愚痴もほとんど言わない。
人の悪口もあんまり言わないし、負の感情を出さない。っていうか、怒らない。
温厚な人っていうのとはちょっと違うんです。
「考えてみたら」「そういえば」そういう人、って感じです。
で、聞いてみた。
「できない、やれないって、言わないですよね?」
最初に「できない」から入らないんだそうです。
「どうしたらできるか?」から入る。(前向きってことなんでしょうけど、もうひとつは負けず嫌いからくる考えらしいです。「できない」=「負け」って考えるんだそうです。)
それ聞いて、当てはめてみたりして、納得いったわけですよ。
やってみてるんですね、それ以来。
仕事でも「無理に決まってるじゃん。」って思いながらやってるのと、そういうこと考えないでやってるのとでは自分が楽になるんだなって気がついたんですね。
鬼マネは永年「やってこなかった人」の方だったので、まだ身についてなくて言い聞かせながらじゃないとできてないですけど、「やれるからやろう。」ってことは結構増えた気がします。

その感じで、今年はやりたいけどやってこなかったことを更に増やして、来年の今日、ブログを読み返してみることにします。ぶぶぶ。