貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


京葉銀行杯 こっぱみじん!(爆)

f:id:onimane:20161126184213j:plain

こんにちは。
ミスターポテトヘッドです。
今日は私が大会のレポートをします。
宜しくお願いします。

f:id:onimane:20161126184344j:plain

今年の京葉銀行杯は、初日は成田で行われ、ベスト8以降は天台で行われました。
貝塚クラブのみんなは車で30分かからないで来れるので、天台が好きみたいですよ。
私はどこの会場でも関係ないです。
でも強いて言えば、やっぱり故郷のディズニー・シーがいいなー。
え?あそこではバレーの試合、しないんですか?なんで?広いのに。

f:id:onimane:20161126184827j:plain

今日は貝塚クラブはベスト4に入ることを目標にしてきたみたいですよ。
第1試合なので、私も急いで準備しました。
鬼マネさんがシューズ貸してくれるって言うので、はいてみましたけど、鬼マネさんは女のくせに25.5センチはいてるんだって。(驚)
私にはちょっと大きすぎました。
まあでもいいや、さ、アップしに行こう。
え?ここで待ってろって?
えー、ベンチに入れるんじゃなかったんですか~?

f:id:onimane:20161126185236j:plain

もっと上の席に置いていってくれないから、私、何にも見えませんでした。
そしたら、貝塚クラブのみんなが帰って来ました。
応援に来てくれた金ちゃんが、「もっと個人のレベルを上げる練習しないとだめだ。」って言ってます。
ふむふむ。
どうも負けたみたいですね。

f:id:onimane:20161126185510j:plain

キャプテンのヒロちゃんが元気がないので、声かけてあげました。

「ヒロ、どんまいだよ。」
「負けちゃったー。」
「うん、うん。しょうがないよ。また練習頑張れ。」
「そうだねー、また頑張るよ。」

f:id:onimane:20161126185740j:plain

「おやつは今日はどうだったの?」
「ポテトヘッドはどうだったと思う?」
「・・・。」
「ねー、どうだったと思う?ねーねー。」
「・・・。(汗)」

f:id:onimane:20161126230803j:plain

負けた後のお弁当はイマイチみたい。
今日は味噌カツ弁当だったから、初戦勝ってたらカツ効果で次も勝てたかもねー。

f:id:onimane:20161126231049j:plain

私は本来はポップコーンを入れてもらう用のポテトヘッドなんですけど、この人はいつもちがうもの入れちゃって迷惑なんですよねー。
今日はチョコレート入れられてました。もー。
この人って、誰のことって?

f:id:onimane:20161126231254j:plain

彼岸花さんですよー。
ほんと、迷惑なんですよねー。
では、今日はこのへんで。
さようなら~。

 

なんてなおバカなことをやってないで、結果はどうだったのよ?ってことですよね。
はい、こっぱみじんのみじんぎりにされました。

f:id:onimane:20161126231527j:plain

7点と11点。
トリプルスコアとダブルスコアでした。
おかげであっという間に終わったと思われ。

とはいえ。
実際に戦ってる鬼マネたちには、長い長い試合でございました。
ラリーがきつい、きつい。
返しても返しても返ってきて、結局こっちがキレちゃって落とす、って感じでしたか。
やっぱ強いチームはミスがないです。
そして穴がない。
鎌ヶ谷クラブは全国大会に2回も出てる超強豪チームですから、ごもっともなんですけど、でもそういうチーム相手でも戦えるようになれないと、ベスト8以上は行けないってことですよねー。
また新たな課題が見えた試合となりました。

終わってみて、おやつたちと話してたんですよ。
負けてすぐの負け審だったので、次の対戦を間近に見ながら反省できたんですけど。
今年、『ただ頑張ろう!バレーからの脱却』をテーマにやってきて、進化はできたと思うんですけど、今回はその頑張ろうバレーは、アタッカーだけじゃなくて、レシーバーもだったってこと。
いい感じで勝ててる試合は、鬼マネたちバックのレシーバーは、アタッカーの背中を見てバレーしてるんですけど、負ける試合はアタッカーがこっちを見てるんです。
試合前やったみつわ台との練習試合の時、終わってママに言われたんですね。
「レシーバーが考えてない。来たボールをただ上げてる。」って。
鬼マネもそのことに気づいてたんですけど、具体的にどういうことなのかがわかってなかった。
というより、みつわ台の練習試合の時に、初めて違和感として感じてたんですね。
負け審やりながら他のチーム見てて、貝塚との大きな違いが見えて「ああ、これだったか。」と。

鬼マネはレシーバーなので、余計強く思うんですけど、バレーはレシーブからだと思うんです。
どんだけ必死につなげるか。上げるか。
ボールへの執着心って言うのかな。
1本をもっともっと大事にする練習を、やってきてなかったなと。
ただ上げてるから、上げた後のことを考えてない。
そこが他のベスト8のチームとは大きく違ったなと。
競ることすらできないくらいの大差で負けたってことは、打つ手が全くなかったってことですから。

でもおかげで楽しみになりました。
うちにはルンバな柳がいますので、柳を中心にレシーブのフォーメーションは変えられる。
加えて、ダイエットして8キロもやせたらしいもっちーが、軽くなったおかげで、軽快に動けるでしょうし、そもそももっちーはレシーブいいですから、柳ともっちーをレシーブの中心に置いて、新作を出していけそうでございます。

ベスト8で満足するか、もっと上を見てみたいか、が今回の合言葉みたいになってましたけど、見たいなーが見よう!に変わった大会となりました。

貝塚クラブはまだまだ進化できるチームだって確信できたのも大きな収穫。
やってもやっても勝てなかった暗黒時代と比べたら、今回のこてんぱんでこっぱみじんな負けも悪くないなと思ったしだいです。はい。