読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


千城台クラブと練習試合しましたっ!

f:id:onimane:20140423234705j:plain←今日の結果

貝塚クラブは全国大会の1ブロック予選が8日です。
なので、大会まであと2回しか練習できませぬ。
この間市民大会終わったばかりなので、脳が切り替わっておりません。

とはいえ、んなこと言っておれず。
デコボコな成績通り、今日はなんだかデコボコでございました。
今日の結果の原因は、鬼マネを始め、レシーバーが悪かったと言えますな。
まず、サーブレシーブが全然セッターに返ってない。
そのせいで、自分たちのリズムが作れず、最後までデコボコで終わってしまいました。
馬女監督やママは、アタッカーたちのことを言ってたけど、レシーブが上がってなかったですから、アタッカーが遅れるのはしょうがなかったんじゃないかと思います。
決めきれなかったというのも、レシーブが不安定だから、チーム全体がお互いにプレッシャーかけてしまうことになるし。
レシーバー同志も結果的にフォーメーションを崩すことになって、悪循環です。
いい流れの時の勝ちパターンみたいなものも掴み始めてるので、来週は今日の反省をびっしり込めてやろうと思いますです。
(来週は吉岡クラブと練習試合っす。)

貝塚クラブの勝ちパターンと言ってもね、根拠がないプレーの連続ってことなんですね。

いい方へ転がった時は強い。

それか?って感じですよね。はい、すいません。
でもね、ほんとなんですよー。
誰かが捨て身で触ったボールが、いい感じに上がって、そこへたまたま入り込んだ誰かが、なぜかいいトスにできて、それを珍しく打つ体勢に入れてたアタッカーの誰かが打ってスゲー勢いで決まる、みたいな。
はい、全てがミラクルの連発ってことです。
ただこういうのが出始めると、貝塚クラブはミラクルの連発になるんす。

まあ大抵その口火を切るのが彼岸花だったりするんですけどね。
その1発で思いっきり誉められたりするので、みんなは後で試合を思い返して納得いかなかったりするんですがね。

とはいえ、その彼岸花、今日も良かったりとんでもなかったり、ラジバンダリなプレー。
一番はこいつ、貝塚中の体育館の天井の真ん中に張られたロープというかひもに、ボールを当てちゃってミスにしちゃうんですな。
ぼよよ~んと打ち上げるんですよ、意味もなく。
で、鬼マネに怒られてます。
ってかさ、貝塚中での練習試合ってことは、ホームじゃないですかー。
自分ちでやってるのに、なんで高さ考えない?と思うんですね。
で、普段の練習の時はやらないんですね。
でも練習試合っていうと、必ずと言っていいほどやります。
サーブも同じ。
ぼよよ~んやってます。

ついでに彼岸花ネタ言っちゃうとですね、こいつは体育館に来たらその瞬間からずーっとしゃべってます。
ネット張ってる間も、準備運動してる間も、ランニングしてる間も、もうずーーーーっとしゃべってる。
鬼マネなんか練習前のストレッチしなかったら即どっか痛めますので、彼岸花がスゲーてきとーな準備運動してるのなんか信じられないですけどね。
こいつ、去年くらいに準備運動の腹筋と背筋の回数を誤魔化してる疑惑が浮上して、貝塚クラブに入部してから、みんなの半分しか腹筋やってないって避難ゴーゴーだったんですね。(笑)
なのに、貝塚に入ってからすぐに膝の皿を割って以来、一度も怪我してません。
試合中に足つらせたことすらありません。
で、腹が立つのは、そうやってずーーーっとしゃべってたくせに、コートに入った瞬間に気配を消すんですね。
試合中なんてどこにいるかわかんねー。
15年近くやってるのに、彼岸花がジャッジの声出してるの、聞いたことがないっす。
気配消すから、試合中に休憩してるのも誰も気づかず、レシーブ上げられなかった瞬間にみんなが「!!」とわかっちゃうんですね。
となりのこばこばが気の毒でなりません。

今日は最初の1セット目は馬女監督に入ってもらったのですが、その連絡をするのは鬼マネの役目なんですね。
最初に出てもらうかを伝えるのは、その日の雰囲気で決めたりします。(爆)
前もって言ってしまうと逃亡する可能性もありますし。
でも前回言わなかったらずーっと怒ってたので、今日はギリギリで伝えておいたんですね。
そしたらそのメール見てなくて登場したらしく、やっぱりまた怒ってました。
言っても言わなくても怒るので、みんなに気の毒がられてます。(苦笑)