貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


全国大会抽選


鬼マネのヤツ、市民大会負けたからってまーたアップしねーな?と思ってます?
すいませーん。
すっかり忘れてましたー!!


今年度最初の公式戦だった市民大会は、とっくに終わっております。
貝塚クラブは、花散らしの大雨が降った4月14日(土)が試合でございました。
こて台と対戦しましたが、ものの見事に撃沈されまして、鬼マネも久しぶりに凹みましたです。
馬女キャプテンが抜けた後、心機一転な貝塚クラブではありましたが、前途多難だろうというのはわかってたつもりでございました。
が、しかし。
実際に試合してみて、自分が考えてた以上に、勝つことの難しさを痛感しちゃったんですね。
終わってみて感じたのは、ただただ『甘かった。』ということでございました。


まず、ポイントゲッターがいないということ。
困った時の1点を取ってくれる人がいないってことは、自分たちのミスをいかに減らさなきゃいけないかってことでございました。
そしていかに今までテキトーなバレーをやってきてたかということ。
そのツケが回ってきたって気がしてしまいます。
サーブレシーブがちゃんとセッターに入ってない。
チャンスボールを正確に返せてない。
リバウンドやフェイントボールに弱い。
そして致命的だったのが、1点の重さをわかってないってことでした。
この日、サポート陣のワンピースKさんがスコアをつけててくれてたのですが、アタックポイントやサーブポイントだけならさほど点差はなかったのに、自分たちのミスが多すぎてそれが結果につながってるというのが明白になっておりました。
テクニカルなファールも多かったし、サーブミスが4点もあったんですね。
ゲームの中では、長いラリーもあったりして、コートの中にいた人間は、それほどミスしたって感覚はなかったんじゃないかと思うんです。
でも実際は、つまらないミスで落としてる場面が本当に多かった。
1セット目、5点までは並んでいたのに、そこから8連続失点なんてものすごいことになっておりました。
そこだけじゃなくて、全体的に、3点、5点と連続失点を繰り返してた。
鬼マネは、2セット目の後半で、
「なんでこんなに点が取れないんだ、もうだめだ。」
と、諦めかけたんです。
そんなのは、本当に久しぶりでした。
けちょんけちょんにやられる時とはまた違った苦しさでした。
ということで、課題は全員が「これだ。」「こういうことかも。」と今までよりはっきり意識できたんじゃないかと思いましたです。


この日、おやつが審判員デビューのひでございました。



初日だっていうのに、もう10年やってるような風情なおやつでございます。
審判員の制服がきつきつなんだそうで、本気でダイエットするらしいです。



この日もうひとつデビュー予定だったのが、馬女キャプテンの監督姿でございました。
1回戦目勝ててたら、山王エース戦で監督デビューの予定だったのですが、おあずけになってしまいました。
ただ部員たちの間では、ママと馬女キャプテンふたりでの最強のベンチになってたであろうってことで、ほっとしてたようでございます。
こんなこと書いてると、次に会ったときに、まーたしごかれそうなので、この辺でやめておきます。


と言うことで、今日はもう次の公式戦、全国大会の1ブロック予選の抽選がありました。
貝塚クラブはそれまで馬女キャプテンにめっちゃしごかれるみたいです。
あー、怖い、怖い。
でも頑張って、目標の「まず1勝!」を果たしたいと思います。
ふがふが。


ってことで、ポチっとな→人気ブログランキングへ