読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


エスコートキッズやってきました!

つばきジュニア日記

←エスコートキッズって言うんだそうで


昨日はつばきジュニアの引率で、柏まで。
お誘いいただいて、チャレンジリーグのエスコートキッズをやってきたんですねー。
Vリーグが『プレミアリーグ』『チャレンジリーグ』って名前だってことも、鬼マネは知りませんでした。
V1、V2ぢゃないんだ。
サマーリーグってのもあるけど、何?


ま、まあ、良くわからないので、こちらを見てみて下さい。
Vリーグオフィシャルサイト
えっと、ここでちょっと文句言っていいですか?
このサイト内、年間会員登録しないと見られないページがあり、その値段が年額3780円。
各チームのデータ的ページなんだけど。


こんなことやるからバレーボールって人気ないんだよ。


各チームのオフィシャルサイトならともかく、Vリーグ自体のオフィシャルサイトで、何やってるの?って感じ。
それでなくても、バレーボールってサッカーや野球みたいに集客できないのに、チケットバカ高いじゃん。
なんか、バレーボールの時代遅れな体質を、こういうときに感じちゃうんだよね。
世界バレーなんかだと、あれだけみんな見てそれなりに盛り上がるんだから、やり方次第でできないことないだろ?って感じ。
トップがちゃんと作ってくれないと、いつまでもジュニアから育成されないんだよ。
ジュニアの育成の場が、いつまでも確立されないのは、体質に問題あるだろ?ってまぢ思うんですけど。
なまじ歴史があるだけに、プライドばっかり高い気がするんだよなー。
ジュニアチームのコーチなんかやってると、そういうの余計思うのですよ。
サッカーなんか、馬女キャプテンちみたいに、プロになれるって目の当たりにしてるわけだし。
野球だって、高橋由伸の兄ちゃんと同級生で、同じ町内から出てるしさ。
ちっちゃいころから頑張ってたもんなー、親もサポートしてたもんなーって。
でもバレーは?
中学とか高校とか、バレーの名門校行かせたところで、その先に何があるわけ?って思うのですよ。
芸能界だって、「甲子園目指してました。」「サッカーの名門校でレギュラーやってました。」って言うと、へーってなってるけど、「バレーで春校出ました。」って、言う人すらいないぢゃん。
プロ化までは良かったけど、松平さん亡き後、バレー界の未来は明るくねーなと思っちゃいます。


だからって、わけじゃないけど。
Vリーグはおろか、チャレンジりーぐってのがあるってことも、バレーやってる私らにも、ほとんど知られてないわけですよ。
認知度が低すぎる。
そもそもバレーは、縦横のつながりがなさ過ぎるんですよ。
Vリーグにどんなチームがあるのかってのも、ほとんど知られてない。
バレーのほうが人気あったはずなのに、なでしこにあっという間に抜かされちゃった。


それでも。
昨日のチャレンジリーグの大会なんか見てたら、それなりにファンサービスというか、『見せる』ことを意識して企画はされてきたんだなとは思いましたし、一緒に見てたおかんたちからも、「バレーってこんな感じでしたっけ?変わったんですね。」って声が出てたから、進化してる最中なのかもしれないですけど。
それにしても、もっと見てくれる人を増やす努力をせにゃ、と思いますね。


ちなみに、昨日の試合会場、アリーナ席もあって、そこは10時会場でよーいどんで席取りになるってシステムらしいんですけど、そのアリーナ席を埋めてたのは、バズーカ砲みたいなカメラを持った男性陣がほとんど。
ちょっと驚きでしたね。
んで、春にやったチャリティバレー教室の会場に居た荒木選手の追っかけの人が居たりして、ひえ〜!でしたけど。(笑)


←見事に男性だけ


までも、子供たちはかなり喜んでたし、楽しそうだったので、良かったです。