読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


こういう人も、ある意味必要なのかも?と思ふわけで

彼岸花語録


部員達にはメールでしか連絡とってない状態ではありますが。
地震に対しての反応もさまざまではあります。
返信されたメールを見て、鬼マネが考えてなかったようなこと、考えてる部員もいれば、気づかなかったことを知らせてくれる部員もいれば、って感じ。
がしかし。
ほとんど変化のない生活を送ってるやつもいます。
それは誰でしょう。
もちろん。


彼岸花。


ダンナのKちゃんは、現在中国に単身赴任中です。
海外にいる日本人は、激しく心配してたりします。
日本に居た外国人も、帰国してたりするほどなのに。
彼岸花が報告する日本の様子から、「大丈夫そうだ。」と判断できるんでしょう。
そこは夫婦、さすがです。
全然心配してないらしいです。
なぜなら。
彼岸花が報告するこちらの様子は、「ガソリン入れるのに並んだ!」とか「納豆が買えない!」とか「体育館が使えなくてバレーができない!」とか、そういうこと。
こういうこと言ってる間は大丈夫だと、Kちゃんは判断できるんですね。


んで、彼岸花んちのみしゃこは、4月から秋田の十和田キャンパスに通うため、春休みの間に引越しすることが決まってました。
今まで住んでた相模原のアパートは、進ちゃんが続けて住むことになったので、何がなんでも今引越しさせないといかん!ってことらしいです。
まあ同じ東北でも秋田なら・・・と思いますが、「心配じゃないの?」と聞いてみたら、
「だって、引っ越してもらわないと困るんだから。」
だって。
なんか、価値観が普通じゃないので、こっちまでおかしくなってきます。
んで、予約してた引越し業者に、「こんな状況なので、予約どおりの日にできるかどうか?」と言われても、「それじゃ困る!」と言い放ったそうです。
何が困るのかがそもそも良くわからないです。
彼岸花って人間は、予定通りに物事をこなすことを優先順位の筆頭にするという、なんかよくわからない人間です。
もう、これだけがヤツの全てみたいなところがあります。
そのくせ、急に予定通りいかなくなっても、「ま、いっか。」で済ませられたりするので、やっぱりよくわからない人間です。
あ、そういえば、人間じゃなくて悪魔だったんだ。


で、まあこのところ、鬼マネもいろいろあって、仕事の帰りとか、街が節電で真っ暗になってたりして、余計人恋しくなったりするので、こいつのことを思い出してメールしてみたりするのですが、ほぼ100%の確率で返信ないです。
「11時半だぞ?もう寝てるのかよ。」
と、夜型人間な鬼マネは思ったりするのですが、彼岸花は、自分が話したいときは、12時でも「寝てた?」と電話してきますから。
鬼マネは仕事中じゃない限りは、メールも返すし、電話にも出られるので、彼岸花が話したいときは、95%くらいの確率で話してると思うんですよ。
でもこっちが話したいときは、100%の確率で話せやしない。
翌日「昨日メールくれた?」と言って来ても、もうそのときはどうでもよくなってるじゃないですか。
んで、また自分の話しをしたいだけして、「あ、ごめん、もう行かなきゃ。」と切られる。
それも、毎回「あ、そうだ。」と話したかったことを思い出した瞬間に切られます。
昨日も「あ、○○さんが来たから後でかけるね。」と言って、話したかったことを話し始めた瞬間に切られました。
んで、かけ直してなんてきやしません。
なので、鬼マネはこいつに自分の話したかったことをほとんど話せてなかったりします。
そのうち、ほんとに忘れたり、済んでしまってたり、どうでも良くなってたり。
ある意味、こういうやつが必要なのかも?と思いますです。
なぜか?


全てがバカバカしくなるからです。


おかげ様で昨日もどうでも良くなりました。
こいつと付き合うようになって、10数年経ちますが、後にも先にも、こんなやつ、見たことも聞いたこともありません。
こんなことを言うと、「ぢゃあ、私って希少価値ってことー?」と言いそうで、想像しただけで鳥肌が立ちます。
こんなヤツと出会ってしまったことは、鬼マネの運命だと思って、攻略してみようと思います。


おー、やだやだ。恐るべし彼岸花→人気ブログランキングへ