読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


ディズニー・シー、行ってきましたっ!!

ご近所情報


昨日はディズニー・シーに行ってきました!
恐ろしいメンツです。<馬女キャプテン、彼岸花、鬼マネ
さて、何が起きたか、いや、巻き起こしたか。ぶぶぶ。


←恐ろしい3人組。


TDSは6年ぶり、2回目。
昨日は貝塚からはブチョー、柳、HIROがインパの予定だったのですが、どうだったんでしょう。
(ちなみにHIROは、結局別の日に変更して来てなかったらしい。)
朝7時半に出発。
試合の日より早いんですけど。やればできるじゃん、オレタチ。(爆)
千葉住みで近いのに、なんでこんな早く行くかって、駐車場が恐ろしく遠くなるからですわ。
遠方から来る人と違って、いつでも行けるってのがありますのでね、夜のパレードとか興味なかったりするんですよ。
帰りに恐ろしく遠くまで歩くより、駐車場が近くに停められるってほうを重要視するんです。
早く行ったのは、それだけの理由です。


パークまであと少しってところで、道間違えました。(爆)
右に曲がらなきゃいけないところで、すーっとぶっちぎってしまい、Uターン。
で、大渋滞。
自分の計画してきた通りにならないとイライラするらしい彼岸花は、しきりに「しまった、失敗した。」を連発。
こういうとき、なるようになるじゃーん!と渋滞も楽しむO型な馬女キャプテンと鬼マネは、A型な彼岸花の気持ちは理解できません。
「おめー、今日の感想を朝っぱらから道間違えちゃったにだけするんじゃねーだろうな?」
と、冷やかす、冷やかす。
んで、どうにか9時ちょい過ぎには到着。
3人が最初に向かったのは、ここでした。



トイレ。
もらすかと思いました。
あー、スッキリした。


6年前に来た時は、雨。
おかげで入り口からして記憶が曖昧。
ほとんど覚えてないんです。
とにかくほとんどのアトラクションが乗れなかったし、パレードも全て中止。
どんよりした景色に傘やカッパ着こんでたので、視界も不良。
「へー、こんなだったんだ〜。」
と、入り口からして記憶がなかったりします。
「なんかさー、前来たときってカエルのことしか覚えてないよねー。」
「あとクラゲ。」
雨やどりのつもりでずっとアリエルのプレイグランドにこもってたんですねー。
それで記憶はカエルとクラゲです。(爆)


入園することを『インパ』と言うらしいという情報をゲットした鬼マネは、ふたりに教えてやったんですけど、まーた間違って覚えたんじゃないかとハラハラ。
「リンパだっけ?」
これだから教えるのやなんですよ。
鬼マネはみっちーやキャバのキャストさんたちから、若者の情報を早めにゲットできるので、そのつどふたりに教えてあげたりするんですけど、彼岸花に先に教えると、馬女キャプテンに伝わる時に必ず間違ってる。
今回は『ダッフィー』もだったんですけど、馬女キャプテンには危うく『ばっふぃー』で伝わるところでした。
かわいいクマちゃんが馬になるところでした。<馬っふぃー。
でもダッフィー、すごい人気なんですねー。
ダッフィーとシェリー・メイ2体を抱えて歩いてる人の多いこと、多いこと。
「ただのクマじゃん、クマ。」
「邪魔じゃないのかねえ?あれ。」
おばさんは理解できません。


昨日の鬼マネたちの攻略コースは、
タワー・オブ・テラーのファストパスゲット→インディジョーンズ→センター・オブ・ジ・アースのファストパスゲット→ストーム・ライダー→レイジングスピリッツ→タワー・オブ・テラータートル・トーク→センター・オブ・ジ・アース
でございました。
とりあえず主要なアトラクションは全て攻略。
6年越しで攻略できましたです。満足、満足。


まあでも何事もなく終わるはずがなさそうなこの3人。
しかも彼岸花が居ましたので、やっぱりあり得ないことが起きましたです。
前回シーに来た時は、馬女キャプテンと彼岸花がセンター・オブ・ジ・アースに乗ってすぐにシステム故障。
歩いて降りてきて、結局乗れてなかったんですね。
彼岸花は過去にもスペース・マウンテンの最初の登りきるところで斜めの状態で故障し、係員に誘導されつつ降りてきたことがあるという女。
昨日もセンター・オブ・ジ・アースのファストパスをゲットしに行った時点で、システム故障で運転中止中。
「また故障?」
またって、滅多にないことっす。
「おめー、まじ悪魔だなー!」
彼岸花は何か電磁波でも垂れ流してると思われ。
パスは夕方だったので、その頃には直ってるだろと、ゲットしときまして、乗れたから良かったですけど。


ただ彼岸花の呪いはこれだけに留まらず、アクアトピアを止めておりました。
いや、午前中に前を通った時に、
「こういうぐるぐる回るの無理ーっ!」
と、毛嫌いしてたのですよ。
で、暗くなってから前を通ったら、どうも様子が変。
水がなくなってるんですわ。もちろん止まってます。
聞いたら、お客さんが落し物したか、故障かで、途中で止まってしまい、水を引いて乗ってたお客さんを降ろしたんだそうです。
恐るべし、彼岸花の呪いです。


←わかりずらいけど、水なくなってます


最初に乗ったインディジョーンズが結構ハードだったのをなぜか試合にかけて会話が展開。
「これ、1セット目終わったくらい?」
「そうだな、苦戦してジュースで勝ったって感じだな。」
「み春野戦くらいかね?」
「だね!もうすでにボロボロだ!」
この後ずっとこんな感じ。
で、次のアトラクションに向かおうと、行列ができてるので最後尾に並ぼうとしたら、なーんとなく様子が変。
案の定、並んでたのはレストランへの入場待ちの列。(笑)
「やべー、試合する前に負けそうだった!」
「あぶねー!鎌ヶ谷戦だ!」(ボロ負けした試合ってこと)
この後何度もぎょうざドックの列を間違えて並びかけまして、そのたびにやベーやベーと大騒ぎ。
「もう2回間違えて並んでるから、ぎょうざドックにストレート負けだぜ!」
わけがわかりません。


思いっきり負けたのが、タワー・オブ・テラー
3人とも垂直落下型の乗り物はダメだって言ってるのに、これにチャレンジするところがおかしいんですけど。
んで、乗る前に様子がわかってたのは馬女キャプテンと鬼マネ。
前説のところで、「やっぱ落下かよ。」とある程度覚悟は決めてたのです。
でも一緒に見てたはずの彼岸花は、違いましたです。
なんてたってこいつ、説明部分になると他のことしゃべってて見てやしないんで、始まってから騒いでうるせー。
このときは、ベルトをがっつり斜めがけされてから、この後どうなるかようやくわかったらしい。
「え???落ちるの?これ?あー、私無理。無理だからっ!」
半ギレしてます。
「ばかか、おめー。もうギブアップ用の扉なんかねーぞ。」
「え、やだってばー!」
もう上がっちゃってます。


しっかしこれはさすがの3人もグロッキー。
いやー、なんですか、これ。
怖いにもほどがありませんか?
鬼マネは、上がってるって言ったって、真っ暗だし、どうせまた体感だけさせて大して高く上がってねーんだろ?と、半分思ってたんですよ。
まあ希望も含めてそう思ってたんですけど。
そしたら、バン!と前が開いて、悲鳴あげましたよ!
考えられない高さじゃないですか!
「うわっ!!!」
と思ったら、次の瞬間には奈落の底。
白髪になるかと思いました。
しかも2回やられた。
降りて、3人とも無口になってました。


←テンション下がりまくってる彼岸花


「これ、試合に例えたら?」
まだ言ってます。(爆)
でも誰も答えません。
あまりのダメージに、レストラン入ってひれかつ定食食べました。
それでやっと少し復活。


結局実は一番期待してなかったタートル・トークが一番面白かったです。
だってね、彼岸花の説明が、


「亀がしゃべるんだよ。」


なんですよ。
それで何を期待しろしろって言うんですか。
でも面白かった。
最初に質問ふった人が、名前を言うんですけどね。
客「かずのりです。」
クラッシュ「おー、いい名前じゃないか。名前にのりが入ってる。」
これでもう鬼マネはツボ。
んで次に女の子に質問して、誰と来たかって手を上げさせたら、さっきのかずのりがパパだったんですよ。
クラッシュ「お〜、かずのり〜。」
もうダメです、爆笑。
これで最後まで何言ってもゲラゲラ笑っちゃいました。


まあ、こんな感じで、攻略しまして、県大会へのモチベーションカンペキです。
ちなみに鬼マネ今日は、タワー・オブ・テラーで絶叫しすぎて声が出ません。


こっちじゃなくてバレーがんばれよ!と思った人はポチっとな→人気ブログランキングへ