読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


ストロベリーナイト/誉田哲也


ストロベリーナイト (光文社文庫)

ストロベリーナイト (光文社文庫)


ジウが良かったので、読んでみました。
ってか、この本、タイトルで気になってたので、ハードカバーで出てた時からチェックはしてたんですけど、文庫本になってからにしよーと思って、待ってたんですね〜。
やっぱハードカバーを買うには、それなりに信用できてないと、もったいないぢゃないですかー。(ケチー!)


主人公の姫川玲子警部補は、シリーズ化されてて、『ソウルケイジ』『シンメトリー』と続いてるそうです。
読んでみたいなー。


誉田哲也の書く本は、警察(刑事)モノしか読んでないけど、登場人物がいいんですねー。
読みながらイメージができる。
それだけ書き方がうまいってことなんでしょうけど。
あとがきで、映画化した時の配役が書いてあったりするんですけど、そんな感じで想像できちゃうんですよ。(あとがきでは姫川は松嶋奈々子になってました。あーなるほどねーって感じ。)


タイトルの『ストロベリーナイト』の意味は、真ん中くらいでわかってくるんですけど、目を引いたタイトルのわりには、物語にはさほど意味を持ったモノではなかったです。(笑)
でも本は面白かったので良しとします。


天使のナイフ (講談社文庫)

天使のナイフ (講談社文庫)


少年犯罪と、事件の被害者、加害者、その家族。
なぜ妻は殺されたのか。
自分の無実を晴らすうちに、過去の事件の真実がわかってくる。


事件には加害者と被害者だけじゃないんですよね。
それはほんとにそう思います。
少年犯罪については、サカキバラ事件のときに、憤りを感じた人は多かったと思うけれど、この本読むと、ほんとに切ない。
罪を犯した人間にも、理由はあるのだけど、私は犯罪者はやっぱり犯罪者なんだと思うのです。
どんな理由があるにせよ、傷つけられていい人間なんて作っちゃいけないんだと思うんです。
殺されていい人間なんていていいわけないんです。
情状酌量って言葉は、被害者の家族にはあるべき言葉じゃないと思うし。


考えてしまいます。
ループです。
だからどこに行き着くかって考えると、やっぱり罪を犯そうとする手前で、踏みとどまってもらうしかないんだなとなってしまうんですね。


魔笛 (講談社文庫)

魔笛 (講談社文庫)


オウムがモデルみたいです。
テロリストとそれを追う刑事。
テロリストは新興宗教団体の内部を調査するために送った警察の公安の人物。
という、警察内部のグチャグチャを書いた、ちょっと重めの内容。
野沢作品は、血の書き方が超リアルでグロテスクなんですよねー。
痛いってばーって感じ。(笑)


宗教のマインドコントロールについては、理解しにくいです。
理解できないから、読んでても「え、ここでそうなっちゃいます?」って感じ。