貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


野球少年小鬼


←背番号20が小鬼です


春から始めた野球ですが、土日のほとんどを練習に費やし、なんとかみんなについていこうと思っているであろう、小鬼くんでございます。
親と違って、鬼マネ家の子供たちは、表に出す負けず嫌いではありませんので、出遅れてることを、ほんとはどう思ってるのかがイマイチ不明です。
みっちーもあまり負けて悔しい!というのを表に出す子ではないのですが、小鬼はそれ以上。
試合に出られないことや、5年から始めたってことで、その前からやってた同級生たちに激しく遅れを取っているにも関わらず、星ヒューマのごとく、夜な夜な素振りの練習することもなく、「ま、いいんだよ。」的な態度でクールでございます。
本心は穏やかではないだろうと言うのも見て取れるのですが、どうも自分がどうこうというより、みんなでやってるとか、友達が活躍したことを喜ぶとか、マネ的精神が強そうなところもあり。
そこは血は争えないって感じでしょうか。


昨日は鬼マネ、初めて車だしってやつに参加しまして、試合を観戦しました。
午後から仕事だったので、行きだけしか出せず、試合もほんとに最初しか見れませんでしたけど。
みっちーの小学生バレーのチームのコーチなんかをやったりしたこともあるので、父兄の協力のありがたさは、誰よりもわかっているつもりですが、なかなかそれができてなかったので、大したことできないなりに、できることはなんでもやっていきたいと日ごろから思ってはおります。
でもねえ、見ちゃうとやっぱり何もできないことが歯がゆいし、うーん・・・となっちゃいますです。
特に小鬼は、小学校に入学してからずっと、親があれこれできないってことを諦めてるところがあるので、鬼マネがこういう場所に顔を出すことを、照れくさそうにしつつも、やっぱり喜んでるのがわかっちゃうんですね。
しょうがないと思ってもらうしかないと、自分でも心を鬼にしてるだけに、「ごめんよー。」と思ってしまいます。


で、バットを振るのもおぼつかなかった小鬼しか知りませんでしたが、昨日見てたら、ノックでもキャッチしてるし、まあまあそれなりにかっこついてるようになっておりました。
帰ってきて、試合の話ししたら、貝塚でもシビアな発言する小鬼は、自分のチームのこともなかなかいいコメント。
ちょっと盛り上がってしまいました。(笑)
でもさすがに自分のチームだし、友達のことなので、貝塚の時のようなコメントとはやや違ってあったかい。
親が言うのもなんですが、小鬼ってなかなかいいやつぢゃん、って感じです。(爆)