貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


魔王/伊坂幸太郎


魔王 (講談社文庫)

魔王 (講談社文庫)


これ、TBSでやってたドラマの原作だと思ってたんですが、違ったんですね。
途中まで「まだか?まだか?ドロドロするのはまだなのかーっ!」と思いながら読んじゃって、違ったと気づいたときは読み終わってました。(笑)
兄弟と弟の彼女が出て来るもんで、勘違いしちゃいました。


伊坂作品って、最後まで何が起きるかわからないし、登場人物それぞれのストーリーが同時進行して、最後に「あー、そういうことだったのねー!」ってなるので、気が抜けなかったりするのですが、これは少し今まで読んだのとは違いました。
それでもずっと同じ人の作品読んでると、癖とかお約束みたいなのを見つけられるようになるのですが、伊坂作品はいたずらっぽいトコが必ずあります。
自分の作品をどっかで登場させるんですね。
今回は『グラスホッパー』というタイトルをカクテルの名前にして登場させておりました。
これも読んでて「どこで出す?」と楽しみのひとつになっておりまして、ゲーマーならご理解いただけるかと思いますが、隠しアイテムとかそういうの見つけた時の、誰かに自慢したいけど誰もわかってくれなそうな孤独感と興奮が入り混じった感覚が味わえたりします。(スゲー難解な解説。)


ただこれは、今まで読んだものとは違ってるなーというのが感想。
正直言って、物足りなかったです。
なんでっていうと、これって『モダンタイムス』って作品につながるらしく、そのせいなのか、終わってないんですね。
最後をなんとなくはっきりさせずに終わる書き方っていうのは、読んだことありますけど、やっぱりスッキリしないもんです。
伊坂作品の最後の謎解きのスッキリ感が好きなので、ちょっと「えー?」って感じ。
なので、『モダンタイムス』を読んで、スッキリしたいなと思っております。