貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


バレーとバレエ


昨日はいとこの娘のバレエを見に行ってきました。
同じ「いとこの子供」でも、バレーとバレエじゃ大違いでございます。
みっちーはバレーやめちゃいましたが、かつてはピアノを習っておりました。
これは鬼マネの憧れだったことを子供に押し付けたようなもんです。
いとこも自分の憧れを押し付けたらしいです。<バレエ。
でも続けるのは子供たち本人の意志だもーんと、鬼マネもいとこも開き直っております。(笑)


今まで何回か発表会レベルのは見ましたが、今回は公演。
ちゃんと金払って見るってヤツです。(笑)
いとこの娘は群舞で出てきてたので、発見するのが大変。
なんてったって、遠いし、衣裳着てるし、メークもバレエなものすごいメークしてますから、鬼おじや鬼おばたちは、「あっちだ!」「こっちだ!」と間違える、間違える。


でもバレーとは雲泥の差で、美しいし、優雅だし、華麗でございます。
セリフがないので動きや表情でどういう場面か見て理解しないといけないとか、慣れないとかなりな違和感がある世界ではありますが、踊りだけをダラダラ見るのかと思ってた鬼マネは、ちょっと驚きました。
動きだけ見て考えると、ものすごい運動量なんでしょうけれど、バレーみたいに汗ダラダラ流して、ラリー続いて死にそうな顔するようなこともなく、終始美しいまま。
男性なんざ、自分の頭の上まで女性をリフトで手だけで持ち上げてるのに、ドスンと下ろすことはなく、常に流れてやわらか。
ありゃ、すごい技術だと思うし、ひざや腰にかなりな負担かけるはずです。
確かにタイツの下のふとももの筋肉なんか、バレエ用の筋肉がついてるんだろうなーって感じ。
女性も飛んだ後、ひざ曲げてふわっと着地してましたけど、あんなのおやつにやれって言ったら、一発でひざ砕きますわ。(爆)
持ち上げてもらうから、それなりにやせてないといかんでしょうしねえ。
飛ぶし、回るし、スナップ使ったりするし、共通する単語はありますが、こうも違うかねえ?と思っちゃいました。
(ってか、そもそもバレーとバレエを比べることが間違いですが。)


バレエは体をものすごく使っても、スポーツではないなと思いました。
ありゃ、芸術です。
見終わって、鬼おばたち女性陣は、やーっぱり永遠の憧れ的存在なのか、うっとり状態で、また見たい!と盛り上がりましたです。
男性陣は・・・。他の話ししてたんで、そうでもないかも。(笑)


鬼マネは昔『SWAN(スワン)』全巻揃えて読んだ人ですので、何気にバレエには詳しかったりします。(笑)



↑撮影禁止だったので、とりあえずロビーで撮ったら、何の写真だかわからなくなっちゃった鬼マネ家の人々