読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


若年寄りな小鬼


仕事を辞めて一番喜んでるのは小鬼だろうと、よく言われておりますが。
まあ確かに喜んでるみたいですが、べったりくっつかれてる鬼マネとしては、少々気になってもおりまして。
というのは。
この状況になって、今まで一緒に居られなかった時間を取り戻そうと思ってたのは鬼マネのほうでございます。
なのに、小鬼は鬼マネと一緒に居るようになって、小鬼の方が心配になっちゃってるみたいなのでございます。
ボケてるつもりはないのですが、どっかで抜けてる鬼マネ、それは自分でも自覚してますですよ、一応。
けど昨日。
都賀駅前でお買い物して、帰ろうとしましたら、


小「おい、鬼マネ!どこ行くんだよ。」
鬼「帰るんだよっ!」(←キレてる。)
小「だからどこに帰るんだよ!」
鬼「ばかか、お前はっ!家に決まってんだろ!」
小「はー・・・。(ため息)何で来たんでしたっけ?」


鬼マネ、ここでやっと気がつきました。
駅前には、他の用事の後だったので、車で来ておりました。
なのに向かってたのは駅方向。
歩いて帰ろうとしてたんですわ。
車を忘れて帰るところでした。


鬼「やー、今ほんっとに車のこと忘れてたー。」
小「ほんと、目が離せないんだから・・・。」
つぶやかれました。(汗)


ま、こんな感じで何かとこうるさい小鬼。
昨日は練習日でしたので、夕方からやかましいこと。


小「鬼マネ!5時だぞ!ご飯の支度しろよ。」
小「鬼マネ!着替えなくていいのか!」
小「鬼マネ、今日はお茶当番!お茶当番はカギ当番だぞ!早めに出ないといけなんだろ!」
あんまりうるさくて、むかついてきました。


自分で朝起きて、自分でご飯食べて、自分で時間見て家を出るという生活のおかげで、小5にして自立した子供に育ってしまいました。
おかげで人並みなお母さんしてみようと、朝送り出すときに、その日の予定の確認なんかしてみるのですが、一言で冷たく返されてしまいます。


小「自分でできるからだいじょーぶ。ご心配なく。」


返す言葉が見つかりません。ふん。
ついでに家を出るときに電気を消す癖がついてるそうで、鬼マネが居るのを忘れて部屋の電気をバチンとやられます。
心に風がピューでございます。えーん。