貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


解明できない謎


試合の後というのは、毎回「なんで?」というほどボロボロになります。
しかも翌朝ではなく、翌日の午後あたりから、体中が痛くて歩くのもひと苦労です。
翌朝ではないってことが、ミソです。


んで、お風呂に入ったり、ちょっとしたときに、ものすごいあざを発見してぎょっとしたりします。
何か悪い病気なんじゃないか?と思うくらい、恐ろしいあざだったりします。
記憶にないところに突如できてるので、マヂ恐ろしいです。
ひざとか足回りなら「ああ、どっかにぶつけたんだー。」と思えるのですが、首だったり、肩だったり、どうやったらこんなところを強打するんだ?というところにできてたりするので、激しく悩んだりします。
多分彼岸花に意味もなく蹴られてたりするんだと思います。
いつかやり返してやろうと思います。
(ちなみに彼岸花は、さわやか杯のとき、激しいヤケドをしてる鬼マネの手の甲を試合中につかみました。レシーブでも手の甲をぶつけることはないぞと確認して出た試合だったってのに、不必要につかんだので、あれは絶対故意だったと思っております。)


今回は左手のエルボー(ひじと言えばいいのに、へそ曲がりです。)を強打してるようで、未だにひじをつくと激痛が走ります。
折れてるんじゃねーか?と心配です。うそです。
試合中の記憶があまり鮮明ではないので、彼岸花に「ひじが痛い。」とメールしたら、「あんだけ飛んでたんだからどっかぶつけてんでしょー!」と、かなり他人事でした。
多分彼岸花のボールなのに突っ込んだときにやったんだと思います。
いつか鬼マネのボールをファインプレーでフォローしてもらいたいもんです。


謎は多いのですが、ひとつ未だに解明できてないものすごい謎があります。
どことの対戦中だったか忘れましたが、馬女キャプテンが試合中に、


「鼻で笑っちゃうぜっ!」


と、鼻を指差しながら鬼マネの前を通過したんです。
今のはなんだ?どういう意味だ?と、激しく動揺してる鬼マネに、馬女キャプテンはもう一度言いました。


「鼻で笑っちゃうぜっ!」


今度は鼻を指差してる上に、斜めで通り過ぎましたです。
え?なに?なんなの?
意味がわかりません。
でも馬女キャプテンはさっさと自分のポジションに戻り、何事もなかったかのようにプレー続行です。
もーだめです。ツボにガッツリはいりますた。
真剣勝負の最中だってことが更に状況を悪化させ、鬼マネ、笑いが止められません。
太ももビシバシ叩いて平常心に戻ろうとしましたが、試合が終わるまで、馬女キャプテンの斜め歩きを思い出しては、ぶーっと吹き出してしまっておりました。


試合後、馬女キャプテンは用事があって速攻で帰ってしまったため、あれがどういう意味だったのか確認できず。
おやつに聞いてみたのですが、おやつも言われてたそうです。


「鼻で笑っちゃうぜっ!」


鼻では済まないくらい笑っちゃいましたが、いいんでしょうか?
とりあえず、明日聞いてみようと思います。