貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


全国大会速報!


今日の全国大会千葉県大会の優勝はっ!


柏八小クラブ(4ブロック)


だそうです。
あべあべさんからの情報でした。


準優勝は、緑園クラブ(10)だそうです。
なんか今年は波乱の大会だったと言えるんじゃないでしょうかねー。


やっぱりなんといっても一番盛り上がったのは、2日の花園クラブと若松ウインズの1ブロック対決だったと思います。
対戦が決まって、1ブロックでは、「こりゃー、今年は花園が行くねー。」と言ってましたし、若松ウインズさんも、「練習試合だって1回も勝てたことないもーん。」と言ってましたのでね、あーそっかーと。
同じ1ブロック同士ってことで、どっちを応援するかってのは困ったりもするのですが、ローソンで千葉県代表になってる花園へのチャレンジャーの方を応援したくなるのは、皆さん同じでしょうって感じでございます。


しかも若松ウインズは貝塚クラブのお隣さんチーム。(ちなみに反対側のお隣さんはみつわ台クラブでございます。)
若松ウインズにはあのT番長もおりますので、子分としてはこっちを応援しないと、あとで体育館裏に呼び出されちゃいます。(うそです。)
強いチームってのは、チャレンジャーのパワーほどおっかないものありませんからね。
よく貝塚もこれにやっつけられるので、大会の時は「胸をお借りしますー。」的な相手チームのお言葉は信じないようにしてます。(爆)
花園VS若松戦は、貝塚がN.Cに負けて、船橋さつきと緑園クラブの負け審をやってる間にスタート。
Aコートに居ても、Cコートの熱気と歓声が響いてくるので、タイムやセット間はぴょんぴょんはねて、Cコートの得点板をチェックしておりました。(笑)
フルセットになったので、ラインズマン終えて、速攻でコート際で応援。
勝った瞬間、見てるこっちがうるうるしちゃったくらい、熱戦でありました。
もちろん若松の面々も泣いちゃってましたがね。
もー、鳥肌立ちましたよ。
いい試合でした。


これで勢いにのって若松がいっちゃうんじゃない?なんて言い始めてたのですが、そのあと、うすい西に負けちゃって、1ブロックで8強に残ったのは上の台だけになっちゃいました。
でもまあ、わかりますけどね。
ちなみに貝塚も花園には勝ててません。ラリホー。


県大会のレポートと思ってたのですが、今回貝塚は記憶に残すほどのお笑いプレーはなく。
その後の調べで貝塚は、平成13年度から7年連続で県大会には出てるとわかったのですが、「そうなんだー。」って感じ。(笑)
毎年毎年、「これでベストメンバーだったら・・・。」とやってて、いい加減それはいつまでも叶わないもんだと、やっと諦めがついたってのが、今年の大変化かもしれないっす。
負け審やるまで少し時間があったので、馬女キャプテンと彼岸花と鬼マネの3人で、歴代のメンバーでドリームチームを作ったとしたら、フォーメーションはどうなる?なんてなことをやってみたのですが、バックレフトに入れるのはやっぱり彼岸花しかいないってことがわかり、
「ぢゃあ、やっぱりだめじゃん。」
と、悲しい結論がでたわけであります。(笑)


全日本のバレーを見ててもわかると思いますが、スーパーエースが1本決めるより、ブロック1本やスーパーレシーブ1本が、試合の流れを大きく変えるし、盛り上がるわけですよ。
大事なのは、熱くなきゃいかん!ってことかね?と、昭和40年会特別会員のYちゃんも言っておりました。
負けて悔し泣きするような、そのくらいの気持ちが、最近なくなったなーと、鬼は感じたりもするのでした。
それじゃあ、いかんです、いかん、いかん。(笑)