貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


 さわやか杯、終わりまして・・・。


さわやか杯のベスト8以降の試合が今日お行われました。
スカッとさわやかコカ・コーラ、貝塚もさわやかに負けました。
はははのはー。
では先に結果をご報告。


・優勝 二俣クラブ
・準優勝 花園クラブ
・3位 柏八小クラブ
・4位 M・イースト


でございました。
上位3チームは秋に行われる関東大会に出場しますです。
おめでとーございマックス!


貝塚はどうだったの?といいますと、ベスト8のカベは破れず。
柏八小に2−0で負けますた。
このところ出なかった悪いパターンのほうの貝塚がモロに出た試合でして、盛り上がることなく終ってしまいました。
うーん、鬼マネはマジ、大反省でございます。


お伝えしてた通り、この大会を最後に黄泉が貝塚を卒業いたします。
1試合でも多く、少しでも長く、黄泉と一緒にやろう!というのを目標に、関東大会目指して参りましたが、力及ばず、今日で黄泉と一緒の公式戦は終了となってしまいました。
最後の試合だったので、負けるにしてももっと内容のいい試合をしたかったのですが、ダメでした。
それがもの凄くココロ残りでございます。


どうもね、気持ちをつなげなかったのですよ。
でもそれは誰かにやってもらうものではなくて、鬼マネがもっとがんばらなくてはいけないって言うのは、馬女キャプテンからも以前に言われて、ずっと意識してきたことでした。
1本のファイン・プレーからリズムをつかんで全員で盛り上げていくという気持ちをつなぐバレーを、このところの貝塚はできてたのですね。
でも今日は今まで見えてたものが全然見えなかったです。
HIROちゃんへのチャンスも多分1本も入れてないし、それ以前にHIROちゃんがどこにいたかも見えてなかったです。
ボールしか見えてなかったな〜。
味方の誰がどこにいるというのが全く見えてなかったかもしれないです、記憶にないですから。


今日はみっちーも会場に来てましたが、終って聞いたら「かかが全然テンション上がってなかった。」と言われてしまいました。
これ、鬼マネの悪いパターンの時なんですね。
味方のプレーに怒りもしなければ、喜びもしない。
自分のことに集中してしまっていると、こうなるんですわ。
おかげで相手のエースのアタックが、ブロックの上から来るのと、間から抜けてくるのだけは良く見えました。
「ブロックあいてるし。」
そう思ったけど、言わなかったんじゃないでしょうか。
足が止まっちゃってるのが自分でもスゲーわかるんですよ。
「ああ、今日だめだな。」
と、自分でも良くわかっておりました。


貝塚の悪いパターンと言うのは、1点取った後に連続で取りにいけないときなんですね。
とにかくフォローが悪い。
アタックやブロックポイントで取った後、ブロックフォローで上げていくなんてことをやると、盛り上がっていけるんですが、それが全然できてなかったと思います。
ラリーも落としちゃってましたからね、気持ちつなげなくなっていっちゃってるのが、コートの中の雰囲気でわかりましたです。


チャレンジャーな気持ちをベスト8からそれまで以上に持たないといけないはずなのに、上位に進出できたってことで、守りに入っちゃってるんですね。
ミスを恐れてプレーが引き気味になっていっちゃってて、それでどんどんドツボにはまっていく、そんな感じでした。


でも負けてうだうだしてたら、F理事長に言われましたです。
「貝塚はもうちょっとなのに、そこからいけないわね。」
全然ダメダメだと思ってたので、その言葉はちと以外。
で、馬女キャプテンが聞き返しましたです。
「もうちょっとですかねえ?」
「そうよ、もうちょっとよ。」
そうかなあ?と思いながら、スコアを確認すると、16−21、15−21で負けてる。
レシーバーひとりひとりが2本づつミスしなければと単純に計算したら、確かにもうちょっとですわ。
鬼マネは自分の失点覚えてるので、2本くらいならなんとかなります。
打たせていくなら、4点づつミスをなくせばなんとかなる。
「まあ、そう考えれば確かにもうちょっとかもなあ。」
いいとこなしだったような気がしてましたが、そうでもないかも?なんてすぐ気を取り直したりして。(笑)


とはいえ、秋からの大会は黄泉なしでまた新しいポジションでやることになるわけで。
「まーた作り直しかー。」
ちょっと途方に暮れる気もしますが、負けた中にも「これか?」と次につながるヒントと手ごたえも見つけておりますので、またまたまた、がんばろうと思います。
気持ち出し切れずに終らせたのは、鬼マネの大反省点だと申しました。
もう2度と、後悔するような試合はしないとココロに誓っておりますので、ここから落ちることはしませんよ。
前へ、前へ、前進あるのみだす。