貝塚クラブ 鬼マネの日記

千葉市若葉区で活動するママさんバレーチーム、貝塚クラブのブログです。

家庭婦人連盟所属。

千葉市(1ブロック)のチームです。

ブログにはバレー以外に、千葉市の情報など、色んなことをツラツラ書いております。


思ふこと

またものすごい事件が起きてしまいました。
ほぼ同じ歳の娘を持つ親として、自信がなくなりそうな事件です。
ただすごい事件として驚いたのが最初の反応。
何があったのかな?いじめられてたとか、そういうことかな?と考えるのが次の反応。
そして、自分の子供に当てはめて考える、それが3番目の反応。
「うちはこんなことまでしない。」と、言い切る親がほとんどのはずで、でもそれはこの事件の加害者の親も同じだったんじゃないかと思うのです。
何かの原因があって、そこからどんな行動を取るのかは、その人(子)本人でないとわからないのですから。
原因はひとつではないでしょうし。
もちろん私も自分の子供が人を傷つけたり、ましてや殺してしまうことまでするかもしれないなんて、考えたこともありません。
こう言いながらも「うちの子に限って・・・。」と思ってます。
でも今までに何度か、「まさか・・・」とショックを受けるような行動をしたことはあります。
信じられなかったし、自分を責めたし、子供が何を考えてるかわかってるつもりだっただけに自信を失ったし、その後しばらくは不安になりました。
今日の事件を見て、うちの子にだって、被害者、加害者になる可能性はゼロではないんだと思ってしまいました。


夕方ニュースで事件を知ってから、2ちゃんねるを見てます。
前回の長崎の事件と同様に、実名や写真が流出しました。
私が2ちゃんねるを見たのは、野次馬根性もありますが、報道で隠されたり、改ざんされて流れる情報ではなく、真実を知ることができることがあるからです。
もちろん言いたい放題の書き込みや、「おいおい・・・。」みたいな内容の書き込みもあって、辟易する気持ちにもなりますが、その一方で、加害者を『かっこいい』と自分のHPの日記に書いた管理人への批判がものすごいです。
ネットだからと言って、日記だからと言って、なんでも思った事をそのまま書いていいとは私も思いませんし、公開する以上は日記と言えども常識の範囲を超えすぎてはいけないと思います。
それを思いっきり糾弾してる2ちゃんねらー、なかなかやるなと思いました。
でも恐いですね。
そのサイトの掲示板には、
『もう2ちゃんねるに見つかったぞ、個人情報が漏れるのも時間の問題だ。』
とか、
『通報したぽ』
とか書かれてまして、ヤバヤバです。
やっぱり見るだけにしたい2ちゃんねるです。